2012年03月31日

南伊豆・ユウスゲ公園

IMG_3854.jpg

「忘れられない空がある」

なんて言うと、陳腐な観光キャンペーンのコピーのようですが
絶景をもとめてあちこち出かけていると、そんな空があったりします。

IMG_3859.jpg

このユウスゲ公園も伊豆半島最南端というエッジ感と
ちょっと離島のような雰囲気もあってか
お気に入りの場所で何度も訪れているのですが、
この日もそんな空でした。

IMG_3860.jpg

普段、海の目の前に住んでいながらも
日常の中でゆっくり眺めるという機会は
意外となかったりするんですよね。

IMG_3861.jpg

肌寒い日ではありましたが
日没まで眺めていたいような
そんな空でした…。





静岡県南伊豆町:   <'12 FEB>


posted by oka at 11:35| Comment(2) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

3.11 3.12

IMG_3863.jpg

3.11の前後、いろんな報道がありました。
あらためて、事の甚大さや直面する問題の多さを
思い知らされたのではないでしょうか。
もちろん僕もそうです。

これからのことについて
いろんな人の言葉や情報を知るたび
複雑な問題も多く、何が正しいのかも
わからなくなったりもします。

でも自分のなかでずっとブレないでいることは
震災直後からこのブログでも繰り返し言っているのですが

「日本全体で受けとめるべきこと」だと思っています。

東日本も西日本もない、まして風評被害などもってのほか。
テレビの中の出来事のような感覚の人も
いるのでしょうけど、実はそんなに遠くない場所で
起きていることなんです。
ちょっと大きな枠で見れば日本全体が被災地のようなもの。
だからいまだに僕は東北3県を指して被災地、被災者と言うのに
ちょっと抵抗あるんですよね。
3.12の長野県栄村の大地震も忘れてはいけません。

幸い僕らは直接的な被害は免れたかもしれないけれど、
関東や東海でもいつ起きてもという状況は間違いないようです。

もどかしさや後ろめたさを抱えながら
これからもあちこちと旅していこうと思います。
東北では厳しい現実に直面するかもしれないけれど、
イイところもたくさん探したいのです。

現実は現実としてしっかり受けとめて
「絆」だとか「がんばろう」だとかという
言葉や気持ちが空回りしないように。

これはどこかで聞いた話だけど、
「何かをしなくては」とみんな思っていても
対象が大きすぎて個人の力ではなかなか難しいですよね。
でも友達を心配するような気持ちが少しずつ
つながっていけば大きくなっていくのかな、と。



写真のTシャツ、「さすけねぇ」は福島の言葉で
問題ない、大丈夫という意味らしいです。
(昨年のLIVE福島の会場で購入)
3.11の日はコレ着て熱海のマラソン走りました。
今冬は仲間とちょいちょいマラソン参加してます。
元気な人はいろいろ頑張らないとね。





posted by oka at 23:10| Comment(0) | 旅人が想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。