2012年06月16日

原発とは

長浜〜丹後 05 046.jpg

福井・大飯原発が再稼動の方向で動いています。

いろんな人がいて
いろんな立場の人がいて
いろんな意見があります。
そして福島の事故まではこういったことに
あまりに無知だったことは認めざるをえませんが、

例えば、国の方針として
「数年後の脱原発を目標とした上で、
その過程においてどうしても不足する部分は
夏場など一定期間、最低限の規模で稼動する」
と、明確にされているのであれば僕は理解します。

しかしすべてが曖昧で何を信じていいのかわかりません。
稼動させなくとも電力は足りているという専門家?もいます。

何をもって安全なのか?
活断層があるといわれています。
天災でなくとも人為的ミスは?
テロの懸念だってあるかもしれない。
これ以上取り返しのつかないことになっても良いのかと。

IMG_1391.jpg

不足するといわれている15%は妥当な数値なのか?
経済活動の停滞、雇用の問題を挙げる人もいます。
それも一応は理解できる。
僕の仕事は製造業に関わっているので
計画停電でさえ生産活動が大混乱になるのも去年経験した。
電力だけが原因ではないけれど、仕事がどんどん海外へ流出し
大規模なリストラをした工場も目の当たりにしている。
また、稼動することで地元では雇用や
何かの恩恵を受けることもあるのでしょう。

しかしまた重大な事故が起きてしまった場合と
天秤にかけるのはあまりにも事の重大さが違うのではないか?

先日の野田首相による国民に向けての会見の内容では
到底理解できません。
それに腹立たしかったのは福島の事故が過去のことのような
ニュアンスに聞こえたこと。

冗談じゃねぇ。

とにかく、再稼動を勧める人はもう一度福島の現実を
よく見てからにしてほしい。それでも良いのかと。

写真(上)   福井・水晶浜から美浜原発
写真(中)   静岡・御前崎から浜岡原発


003.jpg

こちらは昨年6月の福島・猪苗代でのイベントにて

この時このスキーリゾートのホテルには双葉町などから
数百人の避難者がいたそうです。
そしてこの目の前にいた若い夫婦も胸にプレートをつけていたので
避難されていたと思われますが、ママに無邪気に甘えている女の子は
なぜここに来ているのか、なぜ家に帰れないのか、理解していたとは思えません。
そんな現実のごくごく一部を見ただけでも心が痛みます。
それに子供が自由に外で遊べないって普通におかしいでしょ。

大震災から何を学んだのか?
原発事故から何を学んだのか?
日本人は問われていると思います。

なし崩し的に進む原発の問題に限らず、
この国がなにかとんでもなく間違った方向に向かっているような気がして、
このところ心がざわざわしているのは
僕だけですかね?
考えすぎですかね?






posted by oka at 01:33| Comment(0) | 旅人が想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

山古志・牛の角突き #3

IMG_4592.jpg

スゴイ眼をしてます…!

全18番の取組も中盤になると
闘い方を知っているベテランの牛が登場します。


IMG_4593.jpg

こちらもだいぶこの闘牛の醍醐味がわかってきました。

IMG_4594.jpg

激しく動く取組もあれば
睨み合っただけで終わってしまう取組もあせあせ(飛び散る汗)

IMG_4598.jpg

最後の取組は1t以上の両雄がぶつかるまさに横綱級!
悪役レスラーのように、入場してきていきなり飛びかかりました!

IMG_4599.jpg

まさにクライマックス!盛り上がります!

IMG_4600.jpg

IMG_4603.jpg

勢子衆が押さえ込んで拍手喝采!
いやー思わず興奮してしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

IMG_4604.jpg

闘いが終わればこんなに優しい眼をしてるんですねぇ。

IMG_4606.jpg

終了後はさっきまで大活躍だった勢子さんたちが
深々とお礼をしながらお見送り。
いやいやこちらこそ良いものを見させていただきました。
司会をしていた勢子さんに思わず握手してしまいました。

バスツアーの人たちは途中で帰ってしまったけれど、
最後まで観てよかったぁ。
とても清々しい気分で会場をあとにしました。


おまけ:
IMG_4607.jpg

近所から参戦の牛は普通に歩いて帰るんですねぇ。
なんとも微笑ましい長閑な光景ですねかわいい
闘牛が家族同然というのがよくわかります。

IMG_4608.jpg




新潟県長岡市:   <'12 MAY>
ラベル:牛の角突き
posted by oka at 01:51| Comment(7) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山古志・牛の角突き #2

IMG_4571.jpg

いよいよ取組開始。
序盤は3才くらいの若い牛で
綱をつけたまま行います。

IMG_4579.jpg

取組が進むにつれ、牛の重量感が増し
闘い方を知っている牛たちが登場します。

IMG_4580.jpg

山古志の闘牛は引き分けが原則。
その理由は
・家族同様に育てた牛に、血を流しての死闘はさせられない。
・徹底的に闘わせると負けた牛は再び闘わなくなる。
・狭い生活共同社会のため、仲間との感情を害したくない。等

そのため闘牛は10年くらい現役を続けられるそうです。

IMG_4581.jpg

場内には牛とともに勢子といわれる男衆がいます。
牛に声をかけたり、お尻をたたいたり闘いを煽ります。

そして引き分けの合図とともに、後ろ足に縄をかけ
引き離し、角をつかんで押さえ込みます。
これがここの闘牛の見せ場でもあるんですね。
鼻が急所とのことでキュッとつかむとおとなしくなります。

IMG_4582.jpg

IMG_4587.jpg

まさに後ろ足に縄をかけた瞬間。

IMG_4585.jpg

闘いが終わればまさにノーサイド。
場内を一周して退場します。

IMG_4586.jpg

角がぶつかるカツッという乾いた音と
額がぶつかるゴツッという鈍い音が生々しいあせあせ(飛び散る汗)
中には額に血の滲む牛も…。

IMG_4589.jpg

白い牛は珍しいそうですよ!
勢子さんがマイクでいろいろ説明してくれるので
初めてでもわかりやすいです。

IMG_4590.jpg




新潟県長岡市:   <'12 MAY>
posted by oka at 00:58| Comment(2) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

山古志・牛の角突き #1

IMG_4549.jpg

やっと観に来ることができました山古志の闘牛・牛の角突き

IMG_4553.jpg

IMG_4562.jpg

5月から11月まで月に1〜2回行われているようですね。

IMG_4559.jpg

天気も最高晴れなのですが、日差しが強いあせあせ(飛び散る汗)
日陰から席が埋まっていきます。

IMG_4558.jpg

振り向けば周囲はブナ林。

IMG_4557.jpg

春の味覚満載のお弁当でまずは腹ごしらえ。
もちろんご飯も美味い〜。

IMG_4556.jpg

IMG_4564.jpg

牛つなぎ場で牛たちが待機しています…!

IMG_4566.jpg

午後1時、いよいよ開始、
今日の取組が発表されます。

IMG_4567.jpg

場内にお清めの酒と塩が撒かれます…。




新潟県長岡市:   <'12 MAY>
posted by oka at 23:59| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山古志

IMG_4525.jpg

今回は山古志の闘牛、牛の角突きを観るのが
目的でもあったのですが、
その前にちょっと周辺をまわってみましょう。

中越地震によってその名が
有名になってしまいましたよね。
しかし、棚田が重なる美しき日本の原風景があります。

IMG_4516.jpg

展望のよい金倉山山頂から。

IMG_4520.jpg

長岡市方面

IMG_4521.jpg

こちらは小千谷市方面

IMG_4535.jpg

冬はものすごい豪雪になるのでしょうね…。

IMG_4547.jpg

木篭(こごも)集落は中越地震で芋川の河道閉塞により
水没してしまいました。
その傷跡は今も残しています。

IMG_4544.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

IMG_4542.jpg

IMG_4541.jpg

平成16年10月の中越地震で旧山古志村は
全村民が避難となりました。
しかしほとんどの村民が村へ帰ることを希望し
今ではこうして厳しくも美しい自然の中、
生活を取り戻しています。





新潟県長岡市:   <'12 MAY>
posted by oka at 23:06| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟・長岡

IMG_4515.jpg

前項の映画を観てから
この長岡という町の印象が全く変わりました。
今回訪れてすぐ、駅前の長岡戦災資料館へ行きました。

上の長生橋も独特な形状から
以前通ったことを覚えていたのですが、
空襲時には逃げ惑う人々の中、焼夷弾の雨だったそうです。


IMG_4504.jpg

平潟神社には大きな防空壕があり
空襲の夜は多くの市民が逃げ込んだにもかかわらず
ここでも多くの人が亡くなったそうです。

長岡では昭和20年8月1日夜10時30分、
B29爆撃機125機が2時間近く焼夷弾空襲を行い
1480人が犠牲となりました。

なぜ新潟市より先に長岡市が空襲されたのか?
新潟市が原爆投下予定地だった為だそうです。


IMG_4511.jpg

模擬原子爆弾という言葉すら知りませんでした。
信濃川近くに投下地点跡地があります。
模擬とはいえ火薬が詰められており、4人死亡5人が重軽傷。

市内北部の工業地帯との誤爆とのことですが、
このあと長崎に投下されたものと同型、
全国各地に49発も投下されていたそうです。

IMG_4512.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

IMG_4508.jpg

沖縄のひめゆり平和祈念資料館を
訪れたときにも思いましたが、
そんなに昔のことではないんですよね。

平和とか人間の愚かさとか
考えずにはいられませんでした…。

心に沁みるキレイな夕焼けですねぇ…。





新潟県長岡市:   <'12 MAY>
posted by oka at 20:52| Comment(0) | 旅人が想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。