2012年11月29日

「萩の月」の思い出

IMG_4179.jpg

先日、大黒様のネタのときに登場した上司のことで
もうひとつ思い出してしまいました。

そのときは郡山から朝の定時連絡をしたときでした。

課長:「郡山の駅ビルにうちの商品並んでるからちょっとMRしてこいよ」  
   
 (MR…マーケットリサーチ、市場調査ですね) 

oka:「は、はい!?」         

(あまりに唐突だったので何だろうと思ったけれど、とにかく上司の指示)  

課長:「それとそこに萩の月売ってるから
    買ってきてくれないか?10個入りな!」                           

(そっちが目的かい!しかもサイズも指定かいあせあせ(飛び散る汗)

萩の月は言わずと知れた仙台銘菓。
郡山に売ってるんかいな?と思いつつもこれも上司の指示。
MRもそこそこに売り場を探しました。

帰社後、品物を渡すと「おお、悪かったな」と笑顔。
もちろんMRの報告などどうでもよかったのは言うまでもありません。

と言いつつ僕もつい買ってしまいましたが。

この上司は厳しい面もあったけれど、遊び心も満載で
とにかく懐の広い人でした。
仕事もこれぐらい遊び心を持っていいんだなと思ったし、
その遊び心が話のネタになったり、意外と仕事のヒントに
なったりするんですよね。

福島をあちこちまわってると、この当時のことを
ふと思い出したりします。

郡山駅前もずいぶん変わったようですね。
写真は今年春の「紅枝垂地蔵ザクラ」。
(郡山の写真がこれくらいしかなかったので)

もう今は中通り地区も雪がちらついてるようです…雪



福島県郡山市:


ラベル:萩の月
posted by oka at 23:46| Comment(0) | 旅人が想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

虹を見たんだ

IMG_5366.jpg

思わぬところで虹を見るとなんか得した気分ですよね。

こちらは先日、石巻へ向かう朝、東北道福島西IC近くににて。
運転しながら撮りました。(真似しないでくださいねあせあせ(飛び散る汗)

IMG_5372.jpg



そういえば少し前に、ブログにアップしてなかった
虹の写真を見つけました。(下2枚)

IMG_3318.jpg

日付と前後の写真を見ると、2011年4月。
震災後初めて福島へ行った帰りですね。
那須高原SAだったと思います。
激しい雨が急に上がったあとでした。

IMG_3321.jpg

当時はこれをアップする気分じゃなかったのかもね。



福島県福島市:   <'12 NOV>
栃木県那須町:   <'11 APR>
posted by oka at 23:10| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

大黒様の思い出

IMG_5439.jpg

いわきにはかつて大黒屋という老舗の百貨店がありました。
そこには驚異の高額当選率を誇る宝くじ売り場があったんですね。
久しぶりに駅前を歩いていたらこんなことを思い出しました。

僕が20代の頃勤めた会社では、毎月のように福島県内に出張に来ていて
このいわきにもよく来ていました。
そしてサマージャンボや年末ジャンボなどの時期になると
いつも上司、先輩からこの売り場で買うよう頼まれてました。

しかしあるときは出発前にバタバタしてたこともあって
皆忘れてたんですね。
今回は頼まれなかったな〜なんて思いながら
水戸方面から北上していた夕方、
当時普及し始めた携帯電話が鳴りました。

課長:「ご苦労さん、今日はいわきだったな」  (おっ、きたきた)

oka:「はい」

課長:「どうだ天気は?」           (とりあえず天気ネタですか)

oka:「あー今日はずっと雨ですね」

課長:「ホテルはどこだ?」

oka:「いつものサンルートです」     (大黒屋に近かったのですが
                         今は閉館)  

課長:「そうか、雨の中悪いけどちょっと
    書類を買ってきてくれないか」     (ぷっ、書類ってあせあせ(飛び散る汗)

oka:「わかりました、連番の書類ですね」

すると電話の向こうから「オレもー、連番10枚ー!」などと
先輩たちの声が…!
 
そんな人たちにつられて僕も買っていたのですが、
3,000円当たったんですよ、しかも2回連続で…!


こんなエピソードはともかくとして
当時このいわきをはじめ福島にはかなり頻繁に来ていたのですが、
社会人なりたてのこの若造にも温かく、
ホントに皆さんによくしていただいたんですね。
そんな恩義が僕の心の中にはずっとあるんです。

だから今でも福島に対して特別な愛情がある理由のひとつなんですよね。

大黒屋はその後、郊外の大型量販店進出の煽りを受けたこともあり
2001年にちょうど創業100年で歴史を閉じました。
大黒様の宝くじ売り場は現在、近くのワシントンホテルへ移動しています。
(写真上)
ちょうど今は年末ジャンボを求めてまた行列ができてるでしょうね。


つい先日もぼけっとこの町を歩いてたら、
下校途中の子供から「さよーならー!」なんて
邪気の無い顔で言われてしまいました。
そんな町なんですよ。
だから好きなんです。




福島県いわき市:   <'12 NOV>
ラベル:大黒屋
posted by oka at 23:44| Comment(0) | 旅人が想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

いわき・久之浜 '12秋

IMG_5422.jpg

この久之浜ももう一度見ておきたかった。

前回は春にこの近くの寶林寺のしだれ桜を見に来たときに
この景色を目の当たりにしたのです。
(5月2日に記事があります)

IMG_5423.jpg

しかし防波堤から見る景色は
何も変わっていないようです。

IMG_5421.jpg

変わっていたことは
今後造り直されるであろう防波堤の
高さが示されていました。
何の基準でこの高さが決まったのでしょうかね?

IMG_5426.jpg

そして前回同様、小学校で仮設で営業している
浜風商店街に寄り、いろいろな話を聞きました。

久之浜はこじんまりとした町ということもあり
皆仲良く暮らしていたこと。
津波跡の場所に復興住宅の計画があるものの
なかなか進まないこと。
懸命な除染作業をして今年の夏は
小学校のプールが再開したこと。 等々

子供が自由に外で遊べないって
どんなに大人の理屈をこじ付けても
絶対おかしいと思うんですよね。

子供たちの歓声を聞いてほっとしたと
おっしゃられていました。

それにいわきは放射線量、そんなに高くないんですよ。

僕は「来てくれることがなにより」と言われたけれど、
何度だって来るさ。
何年経っても来るさ。

それぐらいしかできないかもしれないけれど、
これからも久之浜も応援していくことに決めたんです。



あっ、この商店街のからすや食堂さんのカツカレー、
カツがさくさくで美味しいですよー。
近所にあったらちょいちょい食べにくるはずの
落ち着くカレーです手(チョキ)



福島県いわき市:   <'12 NOV>
posted by oka at 00:23| Comment(0) | いわき・久之浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

石巻 '12秋

IMG_5393.jpg

石巻・日和山公園。
(今年春の5月4日と昨年の11月27日に記事があります)

IMG_5385.jpg

この独特な建物の「石ノ森萬画館」は先日再開しました。
全国的にニュースになった明るい話題ですねかわいい

IMG_5390.jpg

IMG_5394.jpg

今回は女川町中心部〜石巻市雄勝地区も行ってみました。

時折見える海岸線は美しく、野蒜で聞いた宝物のような海という
言葉を思い出していました。

女川駅は線路も何も跡形もなくなっていました。
雄勝地区も20メートル(!)の波が押し寄せたそうです。

そして多くの子供たちと職員が犠牲となってしまった
大川小学校へ。

IMG_5398.jpg

この2階の校舎の上まで襲われたそうです。
こんなに惨いことがあっていいのでしょうか。

今も多くの人が訪れ、手を合わせていきます。

IMG_5399.jpg

ここも写真を撮る気になれなかったのですが、
この絵を見ているうちにちょっと気が変わりました。

IMG_5402.jpg

IMG_5410.jpg

IMG_5411.jpg

IMG_5412.jpg


IMG_5415.jpg

まさにこの方向から津波は来たようです。

周辺にも家々があったようですが、
校舎以外はもう何もなく荒野のようになっています。



宮城県石巻市:   <'12 NOV>
posted by oka at 21:47| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR仙石線・東名〜野蒜駅

IMG_5376.jpg

本格的な冬の前にもう一度見ておきたくて
東松島〜石巻を再び訪れました。
(今年春の様子は5月3〜4日の記事にあります)

定点観測のようにあえて同じコースを行きました。

(上、下)仙石線東名駅。
 残念ながら何も変わっていないようです。

IMG_5378.jpg

IMG_5379.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)
ただこの写真が待合室に貼ってありました。
左奥に桜が咲いているのが見えるでしょうか。

IMG_5381.jpg

野蒜駅も同様です。

IMG_5383.jpg

駅舎前では津波に遭われた女性がそのときの状況を
語っておられました。
そのときに父親を亡くされ、ご自身も津波にのまれたそうです。
皮肉にもその夜は星がきれいだったというのが、
なぜか印象に残っています。

こちらも胸がいっぱいになってしまい、
ちゃんと声を掛けられませんでした。

そして仙石線の復旧とこの宝物のような海と町を
取り戻したいとおっしゃられてました。

さっき東名駅で、もうこの路線の復旧は
難しいのかなと安易に思ってしまった自分を恥じました。

計り知れない悲しみと困難のなか、
故郷を取り戻したいという気持ちを
少しでも後押しするべきですよね。



宮城県東松島市:   <'12 NOV>
posted by oka at 18:37| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

東京駅・丸の内駅舎

IMG_5307.jpg

復元工事が終わり、10月に公開された東京駅・丸の内駅舎。
この頃は各メディアに取り上げられてましたね。

IMG_5322.jpg

IMG_5314.jpg

構内に入ってみましょう。
みな上を見上げています。

IMG_5316.jpg

IMG_5325.jpg

IMG_5326.jpg

IMG_5327.jpg


IMG_5330.jpg

そういえばずっと工事してたもんなぁ。

IMG_5337.jpg

IMG_5344.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

IMG_5348.jpg

IMG_5357.jpg

IMG_5360.jpg

IMG_5362.jpg



東京都千代田区:   <'12 NOV>
posted by oka at 00:27| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

鞆の浦 #2

IMG_5147.jpg

福善寺の客殿、対潮楼。
窓からの景色は額縁の絵のようです。

IMG_5150.jpg

IMG_5145.jpg

IMG_5148.jpg

あらま、サザエさんも来てたんですねぇ猫

IMG_5149.jpg

IMG_5130.jpg

西側の防波堤の方まで歩いてきました。

IMG_5132.jpg

ランチは定食屋や洒落たカフェもあるけれど、
こんなに天気の良い日晴れは防波堤に座って
村上製パン所のおばあちゃんの手作りパンと缶コーラ。
なんだか寅さんみたいだなー

こんなに心地よい天気に海を眺めていたら
何時間でも過ごせそうですかわいい

IMG_5136.jpg

ちょっと高台にある医王寺のあたりから。
港町が一望ですね。

IMG_5139.jpg

IMG_5140.jpg

地区の運動会ですかね。なんだか盛り上がっています。

IMG_5155.jpg

沼名前(ぬなくま)神社へお参り。
ここからも海が見えますね。

IMG_5156.jpg

バスを待つ間、防波堤に座っていました。

広島の旅もそろそろ終わり。
今回は盛りだくさんだったこともあり
この頃は初日の宮島などだいぶ前のことのよう。
耳に入ってくる「…じゃけん」などの広島弁も心地よかったなぁ。
それにこれだけの快晴続き晴れで最高の旅日和でしたぴかぴか(新しい)




広島県福山市:   <'12 OCT>
ラベル:対潮楼
posted by oka at 01:07| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

鞆の浦 #1

IMG_5114.jpg

福山駅からバスに乗って鞆の浦へ来ました。
バスを降りた瞬間、磯の香りが…!

ここはこじんまりとした港町。
あちこちランダムに歩いたので
写真もランダムにいきます。

IMG_5113.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

IMG_5117.jpg

IMG_5116.jpg

IMG_5141.jpg

IMG_5142.jpg

IMG_5108.jpg

歴史民俗資料館前から港が一望です。

IMG_5094.jpg

坂本龍馬と海援隊の「いろは丸事件」でも有名ですね。
龍馬が数日間滞在したこの桝屋清右衛門宅。
2011年4月に公開が始まったばかりです。

思わず「龍馬伝」のDVDでいろは丸の回を見直したぜよ。
そしてその流れでつい最終回まで見てしまったぜよあせあせ(飛び散る汗)

IMG_5092.jpg

こっ、ここが龍馬が泊まった隠れ部屋。
当時はもう幕府から目を付けられていたため
「才谷梅太郎」と名乗っていたんですね。
現在は見学用に階段がつけられてますが、
実際は天井が一部はずれ
梯子でこの屋根裏部屋に身を潜めたそうです。

IMG_5111.jpg

IMG_5097.jpg

江戸時代の商家も見学できます。

IMG_5124.jpg

IMG_5122.jpg

IMG_5125.jpg

IMG_5127.jpg

そうそう、ポニョのモデル地になったとも言われていますね。




広島県福山市:   <'12 OCT>
posted by oka at 01:54| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

尾道・夕景

IMG_5072.jpg

広島から山陽本線で尾道へ移動。
距離感わかってなかったのですが、結構距離あるんですね。
そんなこともあって尾道へ着くころはもう秋の夕暮れ。

しかしそのおかげで瀬戸内のきれいな夕景を
見ることができましたぴかぴか(新しい)

千光寺ロープウェイで急いで千光寺公園の展望台へ。

IMG_5077.jpg

尾道は数々の映画カチンコやドラマの舞台になっているように、
お寺と坂道と猫の多い散策の楽しい町猫

数年前にも来たことがあるのですが、
その時もゆっくりできなかったような…。
レンタサイクルでしまなみ海道を走ったんですね。
瀬戸内の島々もとてもいい雰囲気だったのを覚えています。

IMG_5078.jpg

目の前の向島へも人と車を載せて渡船が
頻繁に行き来しています。
瀬戸内らしい風景ですね。

IMG_5079.jpg

前回気になっていた「工房尾道帆布」さんへ
閉店間際でしたが行くことができました。
ペンケース、携帯ケース等購入したのですが
この通販にあるカメラバッグも街歩きにちょうど良さそう犬
http://info.onomichi.or.jp/main_hump/index.html

この日もお好み焼きるんるん
尾道風は砂ずりを入れるのがポイントですよひらめき


IMG_5085.jpg

IMG_5087.jpg

IMG_5088.jpg





広島県尾道市:   <'12 OCT>
posted by oka at 00:17| Comment(0) | 夕景・夜景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

広島電鉄・100周年

IMG_5061.jpg

以前も何度か触れましたが、
路面電車が走る街好きなんですよね。

広島電鉄は今年の11月、ちょうど100周年を迎えるそうです。
広電と呼ばれ、今も昔も市民に親しまれているようです。

IMG_5055.jpg

新しい車両とレトロな車両が頻繁に行き来しています。

IMG_5058.jpg

原爆投下後も、使える車両を集め
3日後には一部で運転を再開したそうです。

IMG_5068.jpg

平和記念公園から広島駅までこの広電に
乗ってみようと思ったけれど、
天気も良いし、車両を横目に見ている方が楽しく
結局歩いてしまいました。

広島も居心地の良い街ですね。



広島県広島市:   <'12 OCT>
ラベル:広島電鉄
posted by oka at 23:48| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原爆ドーム・平和記念公園

IMG_5035.jpg

翌朝、あらためて原爆ドームを見ました。

IMG_5021.jpg

IMG_5032.jpg

裏側から見ると、より荒々しく感じます。

IMG_5031.jpg

IMG_5033.jpg

昨夜のおじさんによると、かつてはもっと鉄筋などが
垂れ下がっていたそうです。

IMG_5040.jpg

相生橋を渡って平和記念公園へ。
このT字形の橋が投下の目標とされたことも知りました。

IMG_5048.jpg

資料館はじっくりと見学しました。

修学旅行で来たという人もいるかもしれないけど、
自分の年齢や時勢によって感じ方も違うはず。
僕にとってそれが今だったということです。

昨年の震災以降、福島のことが常に頭にあって
自分の意識の持ち方とか、広島で何か感じたかったんですね。
世界でも類をみない被爆都市の復興から
何か学べることがあるんじゃないかと思って。

いつの時代も被爆(被曝)って嫌な言葉ですね。

IMG_5044.jpg

毎年8月6日に行われる平和記念式典は
来年からちょっと違った意識で見るんだろうな。

IMG_5043.jpg

人間は過ちを犯してしまうものだけど
経験や知識で回避できる過ちもあるはず。

そうでないと亡くなった方に申し訳ないよね。

原爆投下の日の説明書きにあった英文、
The sky was blue...
という言葉がずっと心に残っています。





広島県広島市:   <'12 OCT>
posted by oka at 00:35| Comment(0) | 旅人が想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。