2013年02月27日

河津桜@南伊豆

IMG_5666.jpg

今年は河津はスルーして南伊豆まで来ました。
こちらの方がゆっくり見られますね。

IMG_5664.jpg

このときは3分咲きとの情報でしたが、
結構咲いてますね。
やっぱり青空に映えます。

IMG_5672.jpg

この日は風が強く冷たかったけれど、
このピンクと菜の花の黄色青い空
春の気分でするんるん

IMG_5674.jpg

この南伊豆町は伊豆半島南端にあって、
温泉もあるし長閑な落ち着いた雰囲気で
お気に入りの場所のひとつです猫

IMG_5680.jpg

IMG_5677.jpg

IMG_5679.jpg

まだまだ雪が降ったり寒い地域もあるだろうけど、
確実に春は近づいているようですかわいい




静岡県賀茂郡南伊豆町:   <'13 FEB>


ラベル:河津桜
posted by oka at 23:21| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

伊豆白浜

IMG_5650.jpg

なんかねー 毎年この時期は
伊豆半島を南下しちゃうんですよ。

IMG_5652.jpg

河津桜の開花の声を聞くと
もうそわそわして落ち着かないというか。

IMG_5653.jpg

そしてこの時期はいつも以上にキレイな
この白浜に寄ってみたりぴかぴか(新しい)

IMG_5656.jpg

IMG_5657.jpg

IMG_5660.jpg

IMG_5661.jpg

砂浜の白さももちろんですが
海と空のこのブルーが何よりですねかわいい

IMG_5662.jpg

伊豆大島も近くに見えます。

河津桜は後ほど…晴れ



静岡県下田市:   <'13 FEB>
ラベル:伊豆白浜
posted by oka at 23:32| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

いわき・久之浜のこれから

IMG_5638.jpg

いわき・久之浜へまた来ました。

この防波堤から見る景色は今も変わりませんが、
ようやくこれから動きがあるようです。

IMG_5640.jpg

久之浜のこれからの町づくりについて、
何度も話し合いが行われ
取りまとめられた案が県の事業認可を受けたそうです。

これからは目に見える形で町の復興が
進んでいくことでしょう。

IMG_5641.jpg

僕が特にこのいわき・久之浜に注目している理由は
こう言ったら失礼になるかも知れませんが、
地震、津波(この地区だけで行方不明も含め50~60名の方が亡くなりました)、
原発事故(第一原発から30km地点)、
漁業などの風評被害、放射能汚染、人口流出等々、
まさに福島の震災の縮図のようなんですね。

そしてどう復興していくかがモデルケースとなるだろうし、
僕は心から応援していきたいんですよね。

仮設の商店街「浜風商店街」でいろんな話を聞きに、
からすや食堂さんの美味しいカツカレーを食べに、
これからも何度も行きますよー。

IMG_5643.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

津波を緩衝するのに有効とされる緑地帯や
避難ビルなども計画されているようです。


今回いわきへは「サンシャインマラソン」の参加も
目的だったのですが、メイン会場の小名浜地区は
震災前、直後の状況も知っているだけに
こうしたイベントが開催されること、
参加できたことに感慨深いものがありました。
(実際走ったコースも、震災直後は陥没していたり
大きく波打ってたりしていました)

いわきは以前の仕事でよく来ていたこともあって
愛着もあったのですが、あらためていいところも
感じられた気がします。


福島県いわき市:   <'13 FEB>
ラベル:いわき 久之浜
posted by oka at 23:41| Comment(0) | いわき・久之浜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

韮山反射炉

IMG_5625.jpg

反射炉とは
金属を溶かして大砲などを鋳造するための溶解炉。
内部の天井がドーム状になった炉体部と煉瓦積みの高い煙突からなる。
石炭など燃料として発生させた熱を炉内の天井で反射し、
一点に集中させることにより、鉄を溶かすことが可能な千数百度の
高温を実現する。このような熱を反射するしくみから反射炉と呼ばれた。

IMG_5629.jpg

幕末期、ペリー艦隊の来航を受けての海防強化のため
ここで作られた大砲が品川台場に設置されたのである。

こうした概要や炉の仕組みはボランティアさんの説明で
よくわかりましたひらめき

IMG_5627.jpg

IMG_5631.jpg

どろどろに溶けた金属は、裏側のこの丸い小さな穴から
流れ出て、そのまま鋳型に流し込まれたそうです。

でもこの時点では大砲の形になっても筒に穴が開いてませんよね?

それは近くに流れる川で、水車を動力として大砲を回転させ
内側をぐりぐりくり抜いていったそうです。

これって今で言う再生可能エネルギーですよね?
ちょっと感心してしまいました。

IMG_5633.jpg

これが多く作られたという24ポンドカノン砲を再現したもの。

IMG_5634.jpg

IMG_5636.jpg

各説明書は写真クリックグッド(上向き矢印)

IMG_5626.jpg

当時、佐賀藩や萩藩でも反射炉が建造されましたが、
実際に稼動した反射炉が現存しているのは世界でもここ韮山だけだそうです。

またちょっと勉強になりました…。



静岡県伊豆の国市:   <'13 FEB>
ラベル:韮山反射炉
posted by oka at 22:28| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。