2014年01月22日

♪片平里菜

IMG_6962.jpg

昨秋、久之浜の記事で少しだけ触れましたが、
福島滞在中にひょんなことからこの片平里菜という
シンガーを知り、気になってすぐにCDを購入したのです。

自身の作詞作曲による曲たちはメロディの輪郭が
はっきりしているというか、やわらかな声とともに
心地よく耳に馴染みました。

そして!
先日、都内でちょうどインストアライブを観る機会があったのですが、
圧倒的な声量と突き抜けるようなハイトーンを目の当たりにし、
ああ、やっぱり間違いなかった…と確信しました。

今回リリースのこのシングルも一発で気に入りました。
詩に関しては女子目線なのでコメントし難いけれど、
M@、MAはさっきも言ったように輪郭のあるメロディラインが
心地よい軽快なポップソング。
MBでは同名曲があるアラニス・モリセットのように
ダークで歪んだ感じもイケるのかも。
と思えば一転、MCではフォークソングのような世界。
多彩な表現力ですねー。なにより声が素敵です。

おっと、能書きが多くなりましたが、
これから大きく飛躍していくんじゃないかな。
僕はもうファンですよ(サインもらったし…



http://www.katahirarina.com/




ラベル:片平里菜
posted by oka at 01:20| Comment(0) | 音楽・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

焼物の町・瀬戸

IMG_6946.jpg

愛知・瀬戸は焼物の町。
特に焼物に興味があるわけではないけれど、
岐阜方面へ向かう途中、昼食がてらちょっと
寄ってみました。

駅前の「サカエ」さんで美味しいみそかつを食べて、
ちょっと町歩きしてみましょうか。

IMG_6947.jpg

窯垣(かまがき)の小径というのがありました。

IMG_6945.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

IMG_6953.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)
窯垣というのは窯道具を再利用した石垣とのこと。
それがなんとも風情ですよね。

IMG_6948.jpg

町歩きには寒い季節ですが、
やっぱり好奇心と旅ゴコロが刺激します。

IMG_6949.jpg

途中にある「窯垣の小径資料館」ではガイドのおじさんが
丁寧に説明してくれました。
浴室やトイレもおしゃれなタイルでしたよ。

IMG_6950.jpg

ガイドのおじさんが周辺のおすすめの店も
教えてくれました。
その中で気になったのが…

IMG_6951.jpg

近くの駄菓子屋さんにあるという「たません」(…?)

IMG_6952.jpg

お、ここですね。
おじさん、「たません」ひとつ…。

IMG_6954.jpg

鉄板に卵を落とすと、じゅーっとへらで押し付けて
うすいせんべいをのせました。

IMG_6956.jpg

ひっくり返してソースを塗ります。

IMG_6957.jpg

マヨネーズに青のり…。

IMG_6958.jpg

半分に折って、はい100円!

見たまんまイメージどおりの味だったけれど、
小腹を満たすにはいいね。
ここらへんの駄菓子屋の定番メニューだそうです。

この日は岐阜・美濃加茂市でのハーフマラソン参加のため
向かう途中でした。
今年も旅人ランナー、旅とリンクしながらマラソンも
頑張りますよー。



愛知県瀬戸市:   <'14 JAN>
ラベル:瀬戸 たません
posted by oka at 00:57| Comment(2) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

諏訪神社の夫婦スギ

IMG_6862.jpg

福島・小野町の諏訪神社にある翁スギ・媼スギといわれる夫婦スギ。
だいぶ前にも来たことがあって、このブログ<1>の頃にも
記事にしたはずですが、昨年末、近くを通りかかったときに思い出して
久しぶりに寄ってみました。

IMG_6871.jpg

IMG_6859.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

IMG_6868.jpg

記憶のとおり、境内中央にそびえるツインタワー。
寄り添うようにそれぞれ高さ50m弱樹齢1200年

そしてこの根元の幹の太さは10m
説明書きにあるように2本の間隔は1mほどです。

一見の価値はありますよ。

IMG_6863.jpg

この圧倒的存在感を写真に収めるのは難しいなぁ。

IMG_6866.jpg

このアングルはほぼ真上。
く、首が痛い…あせあせ(飛び散る汗)


この日は池の水が凍るほど寒い日でしたが、
お参りすると心身引き締まる思いでした。

IMG_6872.jpg

ここは磐越東線・夏井駅近く。
春には千本桜で賑わいます。





福島県田村郡小野町:   <'13 DEC>
posted by oka at 20:26| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

富岡高サッカー部

IMG_6944.jpg

あけましておめでとうございます。
関東では穏やかな正月ですね。



さて、新年早々ではありますがアクアラインを渡って
千葉・市原へ向かいました。

IMG_6933.jpg

福島県代表・富岡高校の高校サッカー観戦です。

福島の様々な情報を得るなかで、この富岡高サッカー部を知りました。
同高は第一原発から10km圏内、現在も避難指示解除準備区域。
現在の3年生は2011年の入学になるため、福島市内のサテライト校に通い、
本校舎は入ったこともないといいます。

そんな状況の中、12/31の初戦に勝利、今日は茨城・水戸啓明高との2回戦。
関東の会場であればぜひ応援に行こうじゃないか。

アクアラインの渋滞もあって、後半開始からになってしまいました。
前半は1−1のようです。

IMG_6937.jpg

スタンドには大応援団。
裏には応援ツアーのバスが何台もありました。

IMG_6938.jpg

部員は飯坂温泉の旅館で寮生活、練習は公共グラウンド、駐車場、空き地などでも。
困難な状況でも負けない姿勢は見習うべきですよね。

IMG_6939.jpg

IMG_6940.jpg

試合はそのまま後半終了。
延長なしのPK戦になるようです。
勝負事とはいえ残酷ですねぇ。

IMG_6941.jpg

IMG_6942.jpg

ベンチでは入学直前に津波で行方不明となった仲間の
ユニフォームが見守ります。
富岡高で全国に行こうと約束していたそうです。

彼らが背負っていたものは我々には計り知れません。


残念ながらPK戦で負けてしまったけれど、
内容では負けていなかったと思うし
しっかり初戦も勝っているんだ。

胸を張って帰ってください。



千葉県市原市:   <'14 JAN>
ラベル:富岡高校
posted by oka at 00:39| Comment(0) | 旅人が想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。