2014年05月19日

伊豆大島 #2

IMG_7443.jpg

ちょうど半分まで来ると、噴火口がよく見えます。

IMG_7442.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

IMG_7445.jpg

IMG_7448.jpg

やっぱり大迫力ですね。
手前にあった火口展望所は一部しか見えないので
こちらからがおすすめ。

IMG_7447.jpg

ところどころで水蒸気が上がっていて、
活火山だということを確認させられます。


IMG_7450.jpg

それにしても良い天気、良い景色。
日差しは強いけれど、風が心地よい。

一周道路を歩く人は少ないようですが、
絶景ですよ 是非。

IMG_7454.jpg

真っ黒な裏砂漠を見下ろします。

IMG_7456.jpg

ここでも水蒸気が上がってます。

IMG_7460.jpg

万一の噴火に備えて、避難シェルターがあちこちにあります。

IMG_7462.jpg

ツツジが見ごろでした。

IMG_7463.jpg



IMG_7466.jpg

山頂口に戻って、ちょっと歩き疲れた体にはコレだね 

IMG_7464.jpg

あらためてこの景色を眺めながら
アイス食べてました。

この日は日帰りだったこともあって
島一周できなかったのですが、またゆっくり周りたいですね。

東京・竹芝からも船も出ているし、
意外に近くで離島気分や大自然を味わえるので
ちょっと日常から離れたい人にもおすすめですよ





東京都大島町:   <'14 MAY>


posted by oka at 22:55| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

伊豆大島 #1

IMG_7405.jpg

久しぶりに伊豆大島へ行きたくなりました。
何回か行ったことはあるのだけれど、
いつも天気悪かったんですよね。
でも今日はバッチリ

茅ヶ崎の海岸からもちょっと空気が澄んでればよく見えるんですよ。

IMG_7389.jpg

今回は熱海港から東海汽船のジェット船で向かいます。
相変わらず派手なカラーリングですね。

IMG_7387.jpg

こうして見ると熱海の町も地中海の町みたいだね?

                   …そうでもないか

IMG_7391.jpg

熱海港を出航してまもなく、天城山が見えてきました。
つい先週、あの山の上から海を見てたんだなぁ。
今日は海からの眺めです。



IMG_7402.jpg

伊豆大島といえば、昨年10月、台風26号により
三原山外輪の山腹が崩落し、土石流となって
大きな被害となってしまいました。

島へ到着してすぐ、現場に来てみました。
山腹が広範囲にわたって崩落しているのがわかります。

以前通った「御神火スカイライン」も通行止めになっていました。

IMG_7397.jpg

木々にその傷跡が残ってます。

IMG_7399.jpg

この当時のブログ記事でも記しましたが、
昨今の自然災害は我々の知恵や想像を軽く上回って
襲ってくるような気がします。
人間の驕りに対してのしっぺ返しなのだろうか?



IMG_7411.jpg

そして今回の目的、三原山へ向かいます。
途中、素晴らしい景色がありました。
下に見えるのは大島空港。

IMG_7412.jpg

旅人にとって、青い空、青い海は何物にも変えがたい。

IMG_7414.jpg

山頂口まで来ました。ここから火口まで歩いていきます。

流れ出たような黒い筋は、1986年の噴火の時の
溶岩流なんですよ。

IMG_7416.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

IMG_7419.jpg

近くで見るとやはり迫力ですね。

IMG_7425.jpg

IMG_7434.jpg

噴火口のある火口は、黒い溶岩石でちょっと歩きづらいですが
一周できるようになっています。

IMG_7437.jpg

利島など伊豆七島の島々が見えてきました。

IMG_7439.jpg

この先はいよいよ噴火口の全貌が…!





東京都大島町:   <'14 MAY>
posted by oka at 22:42| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

天城山 '14春 #2

313.jpg

戸塚峠からちょっと下ってブナの巨木とご対面です。
森の主に会ったような気分で恐縮してしまいます。

幹は大人3人が手をつなぐくらいの太さでしょうか。

315.jpg

頭上にも大きく枝が張り出しています。

桜や杉もそうですが、こうした古木に不思議な魅力を
感じてしまうんですよね。
僕にとってはパワースポットなのかもしれません。
しばらく眺めていました…。

今度は落葉する晩秋の頃に来てみたい。
このブナ林を知って、さらに天城山、お気に入りになりました。


324.jpg

ここからほど近くにヘビブナ(?)とあります。

325.jpg

むむむ、こっこれは…??

327.jpg

何かの原因で倒れそうになったけれど、
おっと、なんのなんのと立ち直ったのでしょうか??


330.jpg

帰りも尾根から戻りましょう。
一時曇りましたが、またすっかり晴れてきました

328.jpg

桜も青空に映えます。
昨年見たシャクナゲはちょっと早かったようですが、
もうすぐ咲きそうでしたよ。

332.jpg

334.jpg

海が見えて、海風を感じながらの山登りって
あまり無い状況ですよね。

335.jpg

足慣らしのはずが、そこそこの距離歩いてしまいました。

340.jpg

去年も思いましたが、伊豆ってあまり山のイメージ無かったけれど、
この天城山は意外にしっかり山歩きが楽しめて
海や富士山が見えたり、シャクナゲや桜が咲いていたり、
そしてブナ林があったり、いろんな要素があるんですよね。
昨今の関東近郊の低山にありがちな過剰気味な
入山数ということも無いですし。

登山口へも伊豆スカイラインの伊豆高原ICからすぐの快適アクセス。
ドライブだけでも楽しいくらいです。

342.jpg





※おまけ

346.jpg

帰り道、伊豆スカイラインから。
やっぱり美しいシルエットですよね





静岡県伊豆市:   <'14 MAY>
posted by oka at 01:13| Comment(0) | 山登り・トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

天城山 '14春 #1

259.jpg

新緑の頃になるとやっぱり山へ行きたくなります。
毎年、足慣らしを兼ねて近場の低山から始めるのですが、
今年はどこへ行こうかな?

ものすごく天気は良さそうなんで、海が見える天城山にしよう。
去年もこの時期に初めて来たのですが、とても好印象だったので。

255.jpg

去年は午前中はちょっと曇っていたこともあって、
シャクナゲコース経由で万三郎岳を目指したのですが、
今日は快晴だし万二郎岳からすぐに尾根へ出てみたい。

256.jpg

1時間弱で万二郎岳。
そしてちょっと先にはビューポイントがあるはず。
今日は富士山見えるかなー?

260.jpg

おお!
去年は上の方しか見えなかったけれど、
駿河湾も見えるんですねー。
(トップの写真はちょっとズームしました)

264.jpg

新緑もきれいだし、明るい尾根道を歩いて行きましょう。

276.jpg

今年は桜がまだ結構咲いています。
桜好きにちょっと嬉しいサプライズ。

279.jpg

そしてそのかわいい花の桜は「豆桜」と知る…。

292.jpg

ところどころでも見えましたが、万三郎岳の手前で
振り返ると箒木山の向こうに海が広がりました。

293.jpg

伊豆最高峰、万三郎岳山頂。あまり展望は無し。
去年はここまででしたが、今日はもうちょっと足を延ばしてみましょう。


298.jpg

まもなくブナの原生林!
驚きました。
信州や東北へ行かなくとも、伊豆半島にこんな
ブナの原生林があったなんて!

301.jpg

2010年、信越トレイルを歩いてから
ブナ林の美しさを知ってしまったんですね。

311.jpg

嬉しい驚きでちょっとテンション上がってしまいました

そして地図にはこの先の戸塚峠近くに
「天城最大級のブナの巨木」とあります…。




静岡県伊豆市:   <'14 MAY>
posted by oka at 23:14| Comment(0) | 山登り・トレッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

震災遺構について

IMG_7371.jpg

今回初めて南三陸町まで足を延ばしました。

IMG_7365.jpg

志津川地区の防災対策庁舎、
テレビでは何度も見てはいたけれど、
実際みて震えました。

IMG_7368.jpg

こちらが海側。
凄まじい破壊力で津波が襲ってきたことがわかります。

IMG_7372.jpg

本当に震えました。

この3階の上までの高さだったなんて、
想像力すら働かない。

各方面で報じられていますが、
最後まで放送で避難を呼びかけ続け、自らも犠牲となってしまった
若き女性職員の勇気と責任感は僕も一生忘れません。


IMG_7373.jpg

IMG_7374.jpg


こういった遺構について解体か保存か各地で議論されています。
「見ると辛く悲しくなるから解体してほしい」
それは間違いなく正論だと思います。

ただ、自分も含めてですが、連休ともなれば
遠方の他県ナンバーの車がひっきりなしに訪れて
その脅威に驚き、亡くなった方に手を合わせていきます。

我々部外者の勝手な理屈と承知の上で言うならば
こうして実際見ることによって思うこと、
考えることもあるのです。
今後の教訓というにはあまりにも甚大な被害ですが。

比較の対象として適切ではないかもしれないけれど、
広島の原爆ドームが後世に何かを訴えているという意味で
それなりの意義があるとすれば、
保存というのもひとつの選択肢としてあるのではと
僕は考えます。
あくまでこちらの勝手な理屈になりますが。


IMG_7367.jpg





IMG_7357.jpg

時系列は前後しますが、女川町にも訪れました。

IMG_7358.jpg

この建物が基礎ごと倒れるなんて…。

IMG_7356.jpg

IMG_7359.jpg

IMG_7360.jpg

女川も新しい町づくりの計画ができ、
かさ上げや盛土が進んでいるようです。

IMG_7361.jpg

こうした海岸線が岩手や青森まで続いていると考えると
気が遠くなるような思いです。






宮城県南三陸町、女川町:   <'14 APR>
ラベル:女川 南三陸
posted by oka at 14:58| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR仙石線 東名〜野蒜 '14春

IMG_7324.jpg

JR仙石線の東名〜野蒜地区も
久しぶりに訪れました。

この区間は内陸へルートを変更し両駅も新設され、
周辺には復興ニュータウンが計画されているそうです。

IMG_7329.jpg

東名駅はこの場所にあったのですが、
もうホームも撤去されています。

IMG_7328.jpg

レールも撤去されました。

IMG_7331.jpg

この場所にあった桜も切ってしまったのか…
と思って近づくと…

IMG_7330.jpg

新しい苗が植えてありました。
(希望)とあります。


IMG_7335.jpg

となりの野蒜駅はそのままのようです。

IMG_7336.jpg

IMG_7333.jpg

駅舎横には津波の高さを示すプレートがありました。

IMG_7337.jpg

そしてその少し先には新しいルートの建設が
進んでいます。

IMG_7339.jpg

上の写真の左側にあたるこの場所で
震災後しばらく車両が留めてありました。




IMG_7345.jpg

石巻・日和山公園に寄りました。

この左側の空き地に瓦礫が高く積まれていたのですが、
全く無くなりました。

IMG_7346.jpg

海岸近くの公園跡にも大破した車が
おもちゃのように積み上げられていたのですが。

IMG_7347.jpg

IMG_7348.jpg

仙石線が復旧したらぜひ乗りに来たいな。








宮城県東松島市、石巻市:   <'14 APR>
posted by oka at 11:48| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風とロック 創刊100号

IMG_7386.jpg

作詞/宮藤官九郎 作曲/斉藤和義 プロデュース/亀田誠治による
豪華メンバー参加の主題歌CDが付いても定価0円
箭内さん流石です。

タワレコ横浜店にて開店後5分で配布終了!
ギリギリGetしました。

♪降りて来いキヨシロー〜



posted by oka at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

塩ノ崎の大桜

IMG_7298.jpg

今回の会津編の桜めぐりの記事、
実は同じ日の時系列なのですが、最後にもうひとつ
気になる木がありました。

もう夕刻だし、ちょっと距離もある。
きっとピークも過ぎているだろう。

しかし磐越道をとばして本宮へ向かいました。

IMG_7297.jpg

塩ノ崎の大桜

ここも以前来たことがあったのですが、
樹齢600年のエドヒガンの存在感も然ることながら
周囲の雰囲気がとても心地よかったのを覚えていたのです。

IMG_7300.jpg

やはりピークは過ぎてしまっていましたが、
ちょっとした丘の上はやはり長閑な雰囲気でした。

IMG_7304.jpg

写真ではなかなか伝わらないかもしれないけれど、
他の桜や花々が咲いていたり、小鳥がチュンチュン鳴いていたり
水を張り始めた田んぼからは蛙がゲコゲコ鳴いていたり
里山感がたまらなく良いですね。
天気が良ければこの向こうに安達太良山も見えます。

IMG_7305.jpg

そして地主さんともちょっとお話することができました。
こうして花々を手入れしたり、おもてなし感がとても伝わってきましたよ。

やっぱり来てよかったぁ

IMG_7310.jpg



IMG_7311.jpg

夏にはひまわりを植えるそうですよ


今年は前半のいわき編も含め、天候にも恵まれて
たくさん見られて良かったなぁ。
昨年はタイミング外してばかりだったので。
情報誌など見ていると、まだまだ知らない桜があります。
三春滝桜や花見山は有名なスポットですが、福島には
そのほかにもこうして魅力的な古木などたくさんあるんですよね。

また来年もこの時期は行くんだろうなぁ





福島県本宮市:   <'14 APR>
posted by oka at 23:28| Comment(0) | 旅の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。