2012年08月01日

只見にて #2

IMG_4777.jpg

前項にて只見線が昨年7月の豪雨で
いまだ不通になっていることを記しました。
先日また只見方面を訪れる機会があったので、
注意して見ることにしました。

そして驚愕の光景を次々と目の当たりに…。

写真(上) 鉄橋の右側が完全に崩落しています。

IMG_4781.jpg

こちらは本名ダムの上から。

左側の残った線路がわかるでしょうか。

ダムの調整で何とかならなかったのかとも思いましたが、
これも想定以上の水量だったのでしょう。

IMG_4783.jpg


IMG_4789.jpg

西部橋。

ただみブナと川のミュージアムにて
新聞記事が掲示してあったのですが、
この対岸に住んでいたおばあさんが、この橋の際まで
水位が上がってきているのを見て、慌てて避難したそうです。

IMG_4788.jpg

7月29日で豪雨災害から1年になるそうです。
冬は豪雪になるにしても、いまだ復旧の目途がたたないようです。

正直、ここまでの状況とは知りませんでした。
周辺にお住まいの皆さんはとても怖かったことでしょう。

自然災害の恐ろしさ、なかなか復旧が進まない現状、
震災、原発事故の陰で知らなかったこと。

まだまだ考えさせられることも多いです。



福島県大沼郡金山町:   <'12 JUL>


ラベル:只見線
posted by oka at 01:22| Comment(0) | 旅人が想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。