2014年10月02日

御嶽山について

木曽駒 07 061.jpg


ご存知のように9月27日、御嶽山の噴火により
多くの死傷者が出る大惨事となってしまいました。


このブログを見てもらえればよくわかるように
僕も山登り、山歩きを愛好する者として
とても複雑な思いで心を痛めています。


御嶽山へはまだ登ったことは無いですが、
木曽路を旅したこともあるし、
上の写真にあるように2007年夏、木曽駒ケ岳から
美しい姿がよく見えたのを覚えています。


特に予定もしていた訳では無いけれど、何かのきっかけで
気が向いて、登っていたかもしれません。
あの時、あの場所にいた可能性はゼロでは無いのです。


きっと金曜に代休でも取って、土曜の朝から登り始めるという
パターンは十分有り得るし、あの好天ではちょっと高揚した気分で
このブログ用にたくさん写真を撮っていた頃であろう。
そう考えれば考えるほど他人事には思えないのです。


実際、噴火の一報を聞いた時、土曜のこの時間帯であれば
多くの人が山頂付近にいるだろうということはすぐに想像できました。


山は美しさも見せてくれるけれど、
こうした反面があることも、あらためて痛切に思わされます。









ラベル:御嶽山
posted by oka at 00:03| Comment(0) | 旅人が想うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。