2015年06月21日

石巻・女川 '15初夏

IMG_8530.jpg

石巻・日和山公園です。

朝からの霧がなかなか晴れず、
しばらくベンチに座って待っていました。


IMG_8532.jpg

掲げてあるかつての街並みの
写真を見るたび悲しくなってしまいます。


IMG_8533.jpg

IMG_8534.jpg

お、ようやく晴れてきましたね。


IMG_8535.jpg



IMG_8543.jpg

女川へ移動しました。

IMG_8542.jpg

こちらはかさ上げもだいぶ進んで
最初に来たときとだいぶ印象が変わってきました。

IMG_8544.jpg

新しい街づくりも進んでいるようです。

IMG_8545.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

IMG_8554.jpg

新しい女川駅では
温泉や足湯もありますよ。

IMG_8553.jpg






宮城県石巻市・女川町:   <'15 JUN>


ラベル:石巻 女川
posted by oka at 18:36| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR仙石線 開通

IMG_8494.jpg

松島海岸〜矢本間がバス代行となっていた
JR仙石線、5月30日に再開通しました!

この沿線の津波被害を見ていただけに
そのニュースに嬉しくなりました。

そして海に近く海抜の低い東名駅、野蒜駅は
内陸・高台に移動したとのこと。

松島海岸駅を少し過ぎた空き地に
クルマを停めて、真新しい防潮堤、
砂利、レールを見て感慨に耽っていると…

新しい踏切の警報機が軽快に鳴りました。


IMG_8496.jpg

おお!走ってる!

と言うのも、松島海岸駅から先は
動く仙石線を見たことなかったので…あせあせ(飛び散る汗)


IMG_8492.jpg

旧東名駅の場所はもうホームもレールも
撤去されていました。



IMG_8491.jpg

そして看板の矢印に従って
ちょっと内陸へ移動。


IMG_8497.jpg

ちょっとした山の上に新東名駅がありました!


IMG_8499.jpg

当然ですが駅舎もホームも、そしてレールも新しい!


IMG_8500.jpg

そして駅前はこれから開発が進むようです。



IMG_8504.jpg

隣の旧野蒜駅はコンビニになっていて、
右半分のフロアでは津波被害の写真が展示してあります。


IMG_8505.jpg

ホームはそのままの状態です。

IMG_8509.jpg

水位が生々しく刻まれてます。

IMG_8508.jpg

吉永小百合さんのJRのポスターも
2011年のまま。

IMG_8511.jpg




IMG_8512.jpg

こちらもちょっと内陸へ移動して新野蒜駅。

IMG_8513.jpg

IMG_8515.jpg

IMG_8516.jpg

IMG_8517.jpg

わかりづらいですが、ホームからさっきの旧駅が見え
だいぶ高台へ移動したことが確認できます。


IMG_8518.jpg




IMG_8520.jpg

野蒜駅の少し先で。
この砂利の部分がかつてレールがあった跡。
高架となりだいぶ高い場所を走ることが
分かると思います。


IMG_8522.jpg


※この仙石線や石巻、女川については
 カテゴリ独立しました。





宮城県東松島市:   <'15 JUN>
posted by oka at 17:47| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

震災遺構について

IMG_7371.jpg

今回初めて南三陸町まで足を延ばしました。

IMG_7365.jpg

志津川地区の防災対策庁舎、
テレビでは何度も見てはいたけれど、
実際みて震えました。

IMG_7368.jpg

こちらが海側。
凄まじい破壊力で津波が襲ってきたことがわかります。

IMG_7372.jpg

本当に震えました。

この3階の上までの高さだったなんて、
想像力すら働かない。

各方面で報じられていますが、
最後まで放送で避難を呼びかけ続け、自らも犠牲となってしまった
若き女性職員の勇気と責任感は僕も一生忘れません。


IMG_7373.jpg

IMG_7374.jpg


こういった遺構について解体か保存か各地で議論されています。
「見ると辛く悲しくなるから解体してほしい」
それは間違いなく正論だと思います。

ただ、自分も含めてですが、連休ともなれば
遠方の他県ナンバーの車がひっきりなしに訪れて
その脅威に驚き、亡くなった方に手を合わせていきます。

我々部外者の勝手な理屈と承知の上で言うならば
こうして実際見ることによって思うこと、
考えることもあるのです。
今後の教訓というにはあまりにも甚大な被害ですが。

比較の対象として適切ではないかもしれないけれど、
広島の原爆ドームが後世に何かを訴えているという意味で
それなりの意義があるとすれば、
保存というのもひとつの選択肢としてあるのではと
僕は考えます。
あくまでこちらの勝手な理屈になりますが。


IMG_7367.jpg





IMG_7357.jpg

時系列は前後しますが、女川町にも訪れました。

IMG_7358.jpg

この建物が基礎ごと倒れるなんて…。

IMG_7356.jpg

IMG_7359.jpg

IMG_7360.jpg

女川も新しい町づくりの計画ができ、
かさ上げや盛土が進んでいるようです。

IMG_7361.jpg

こうした海岸線が岩手や青森まで続いていると考えると
気が遠くなるような思いです。






宮城県南三陸町、女川町:   <'14 APR>
ラベル:南三陸 女川
posted by oka at 14:58| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR仙石線 東名〜野蒜 '14春

IMG_7324.jpg

JR仙石線の東名〜野蒜地区も
久しぶりに訪れました。

この区間は内陸へルートを変更し両駅も新設され、
周辺には復興ニュータウンが計画されているそうです。

IMG_7329.jpg

東名駅はこの場所にあったのですが、
もうホームも撤去されています。

IMG_7328.jpg

レールも撤去されました。

IMG_7331.jpg

この場所にあった桜も切ってしまったのか…
と思って近づくと…

IMG_7330.jpg

新しい苗が植えてありました。
(希望)とあります。


IMG_7335.jpg

となりの野蒜駅はそのままのようです。

IMG_7336.jpg

IMG_7333.jpg

駅舎横には津波の高さを示すプレートがありました。

IMG_7337.jpg

そしてその少し先には新しいルートの建設が
進んでいます。

IMG_7339.jpg

上の写真の左側にあたるこの場所で
震災後しばらく車両が留めてありました。




IMG_7345.jpg

石巻・日和山公園に寄りました。

この左側の空き地に瓦礫が高く積まれていたのですが、
全く無くなりました。

IMG_7346.jpg

海岸近くの公園跡にも大破した車が
おもちゃのように積み上げられていたのですが。

IMG_7347.jpg

IMG_7348.jpg

仙石線が復旧したらぜひ乗りに来たいな。








宮城県東松島市、石巻市:   <'14 APR>
posted by oka at 11:48| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

石巻 '12秋

IMG_5393.jpg

石巻・日和山公園。
(今年春の5月4日と昨年の11月27日に記事があります)

IMG_5385.jpg

この独特な建物の「石ノ森萬画館」は先日再開しました。
全国的にニュースになった明るい話題ですねかわいい

IMG_5390.jpg

IMG_5394.jpg

今回は女川町中心部〜石巻市雄勝地区も行ってみました。

時折見える海岸線は美しく、野蒜で聞いた宝物のような海という
言葉を思い出していました。

女川駅は線路も何も跡形もなくなっていました。
雄勝地区も20メートル(!)の波が押し寄せたそうです。

そして多くの子供たちと職員が犠牲となってしまった
大川小学校へ。

IMG_5398.jpg

この2階の校舎の上まで襲われたそうです。
こんなに惨いことがあっていいのでしょうか。

今も多くの人が訪れ、手を合わせていきます。

IMG_5399.jpg

ここも写真を撮る気になれなかったのですが、
この絵を見ているうちにちょっと気が変わりました。

IMG_5402.jpg

IMG_5410.jpg

IMG_5411.jpg

IMG_5412.jpg


IMG_5415.jpg

まさにこの方向から津波は来たようです。

周辺にも家々があったようですが、
校舎以外はもう何もなく荒野のようになっています。



宮城県石巻市:   <'12 NOV>
posted by oka at 21:47| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR仙石線・東名〜野蒜駅

IMG_5376.jpg

本格的な冬の前にもう一度見ておきたくて
東松島〜石巻を再び訪れました。
(今年春の様子は5月3〜4日の記事にあります)

定点観測のようにあえて同じコースを行きました。

(上、下)仙石線東名駅。
 残念ながら何も変わっていないようです。

IMG_5378.jpg

IMG_5379.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)
ただこの写真が待合室に貼ってありました。
左奥に桜が咲いているのが見えるでしょうか。

IMG_5381.jpg

野蒜駅も同様です。

IMG_5383.jpg

駅舎前では津波に遭われた女性がそのときの状況を
語っておられました。
そのときに父親を亡くされ、ご自身も津波にのまれたそうです。
皮肉にもその夜は星がきれいだったというのが、
なぜか印象に残っています。

こちらも胸がいっぱいになってしまい、
ちゃんと声を掛けられませんでした。

そして仙石線の復旧とこの宝物のような海と町を
取り戻したいとおっしゃられてました。

さっき東名駅で、もうこの路線の復旧は
難しいのかなと安易に思ってしまった自分を恥じました。

計り知れない悲しみと困難のなか、
故郷を取り戻したいという気持ちを
少しでも後押しするべきですよね。



宮城県東松島市:   <'12 NOV>
posted by oka at 18:37| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

石巻・日和山公園 '12春

IMG_4271.jpg

石巻へも昨年11月に来て、この日和山にたくさんの桜が咲くところが
見たかったのですが、GW前半、満開となっていました。

IMG_4257.jpg

かなりの人が訪れていて、花見を楽しんでいたのですが
穏やかに春の訪れを楽しんでいるようでした。

IMG_4255.jpg

IMG_4268.jpg

しかし見下ろす市内の様子は…。

IMG_4258.jpg

IMG_4266.jpg

IMG_4264.jpg

鯨大和煮の巨大缶詰も確認できます。

IMG_4272.jpg

ここへは震災前に来たことがなかったのですが、
かつてこの公園のすぐ下まで家々が並んでいた映像を見て、
あらためて事の甚大さを知りました…。






宮城県石巻市:   <'12 APR>
ラベル:石巻 日和山
posted by oka at 16:19| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

JR仙石線・野蒜駅

IMG_4229.jpg

IMG_4230.jpg

IMG_4227.jpg

昨年までこういった写真を撮る気になれなかったのですが、
最近意識が変わってきました。
現実は現実としてこのブログでも発信しようと。

IMG_4226.jpg

IMG_4231.jpg

駅名板と隣の壁面につけられた水位のあとが分かるでしょうか?
プラットホーム上からさらに3mほど上までつけられています。

IMG_4235.jpg

それでも桜は咲く…!



宮城県東松島市:   <'12 APR>
ラベル:仙石線 野蒜駅
posted by oka at 19:13| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR仙石線・東名駅

IMG_4223.jpg

東松島市野蒜海岸地区も津波の甚大な被害がありました。
JR仙石線の東名駅も線路は撤去され
プラットホームが残っているのみ。

IMG_4216.jpg

昨年11月にも訪れましたが、何も変わっていないようです。

IMG_4215.jpg

IMG_4220.jpg

桜が咲いていることが前回と変わったところ。

不肖・宮嶋氏の報道写真集「再起」を見たなかで
がれきが押し寄せてる中、この場所で咲いていたこの桜が
とても印象に残っていたのです。

IMG_4225.jpg

IMG_4222.jpg




宮城県東松島市:   <'12 APR>
posted by oka at 18:49| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

石巻・日和山公園

IMG_3669.jpg

津波の被害が甚大だった石巻、
高台にある日和山公園から。

IMG_3655.jpg

瓦礫を片付ける重機の音が遠くから
絶え間なく聞こえます。

廃車置場にはおもちゃのように車が3段に積まれています。
高く積み上げられた瓦礫の中にも
原形をとどめていない車が紛れていました。

IMG_3658.jpg

この公園は桜の木も多く、今春も咲いたそうです。
来年もきっときれいに咲くことでしょう。

IMG_3663.jpg

左奥に見える湊小学校にも到達しています。

IMG_3661.jpg

旧北上川の中州も。

IMG_3667.jpg

なぜか1本だけ咲いていました。

IMG_3671.jpg

おくの細道・松尾芭蕉は何を思う…。

IMG_3673.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

今回は三陸自動車道の松島海岸ICから向かったのですが、
松島海岸は一見すると震災があったことも
忘れてしまうほど多くの観光客が訪れていました。
7月にも訪れましたが、明らかに前進しているようです。

しかしほんの10分ほど走った先の野蒜海岸の辺りは
いまも言葉を失うほどの状況でした。
JR仙石線も運休したままなのですが、この既存のルートで
再開する予定はないのか、線路は一部撤去されていました。
田んぼの真ん中に車両が放置されたままです。

一日も早い復興を…などと安易に言えないほど
長く長く時間がかかることをまた思い知らされました。

個人の力はあまりにも微力だけど
なにかの役割があるはず。
とにかく、これからもずっと心に留めていこうと思います。



宮城県石巻市:   <'11 NOV>
ラベル:日和山公園
posted by oka at 13:13| Comment(2) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

塩釜の現状

IMG_3453.jpg

津波の被害のあった塩釜、
本塩釜の駅周辺も浸かってしまったようです。
(上)は直後、(下)は現在の様子。

反対側にあるショッピングセンターも一部営業しているものの
まだ復旧工事中、となりのホームセンターはそのまま閉店となって
しまったようです。
塩釜港周辺の大きな倉庫の壁や扉をブチ破る破壊力に
やはり恐怖を感じました。

IMG_3461.jpg

営業再開されているお店もありましたが
路地の小さな鮮魚店や居酒屋などはほとんど手付かずのような
お店も多くみられます。

IMG_3460.jpg

信号機もまだ復旧してなく、警察官による手信号です。
よく見たら神奈川県警の方もいました。ご苦労様です。

IMG_3452.jpg

「なまどら焼き 販売再開しました」の文字に誘われ
休憩がてら店内で食べていると、津波直後の写真が…。

IMG_3451.jpg

完全に浸水しショーケースが押し流されてる写真もありました。

あ、この「なまどら焼」絶品ですよ!
全国にファンがいて復活を願っていたというのも納得!
http://www.namadora.com/
甘いもの好きにはぜひ!

そしてとなりの洋品店の店頭にも多くの写真が。
(一番上と以下3枚)

IMG_3455.jpg

うわわわ…。

IMG_3456.jpg

今、神社からぶらぶら歩いてきた道が
こんな状態だったなんて…。

IMG_3454.jpg

チリ地震の時も大きな被害があったんですね。
昭和35年とあります。

okaも海の近くに住んでいるので
決して他人事ではないんですよね。

IMG_3462.jpg

そして仙石線で松島海岸へ。

ここから先、石巻方面はまだ復旧しておらず
バスによる代行輸送になっていました。

松島は中学の修学旅行以来だな〜なんて
駅を降りた瞬間、

地震が…! しかも海の目の前だし…。

お店からみな飛び出してきました。
ラジオからも速報が伝えられています。

意外にも地元の皆さんは冷静でしたが、
食事処の女将さんの
「せっかく落ち着いてきたのに…」と
苦渋の表情が忘れられません。

この日は時間があまりなかったのと雨が降ってきたので、
島めぐりの船には乗らず食事だけでしたが、
またゆっくり訪れたいと思います。

IMG_3466.jpg

瑞巌寺の参道



後記:
今回見た塩釜、松島の状況は大震災の被害のほんの一部
なのかもしれません。それでもやはりまだまだ
復興には時間がかかるという印象を受けざるをえませんでした。
東北を愛する旅人として、これからもずっと
気に留めていこうと思います。



宮城県塩竈市、松島町:   <'11 JUL>
posted by oka at 18:05| Comment(0) | JR仙石線・石巻・女川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。