2014年04月30日

名もなき場所で #28

IMG_7296.jpg

この桜は3年前、ドライブ中にたまたま見つけて
立ち寄った小さな神社の名もなき桜。

IMG_7291.jpg

3年前といえば震災の年。
4月下旬にようやく福島を訪れることができ、
自分の目で状況を確認できたときでした。

もちろん桜めぐりなどする心境ではなかったのですが、
被害の少なかった会津地方でも風評被害の真っ只中。
複雑な気持ちの中、この桜を見つけて
ちょっとホッとしたのを覚えています。

IMG_7286.jpg

近くに寄ると見事なV字の幹。

IMG_7294.jpg

午後の光が陰影をつけています。


IMG_7293.jpg







福島県耶麻郡磐梯町:   <'14 APR>


posted by oka at 23:35| Comment(0) | 名もなき場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

名もなき場所で #27

IMG_7233.jpg

暖かな陽気のなか、のんびりドライブしていると
田んぼの中に大きな桜が見えました。
小さな神社のようですがちょっと寄ってみましょう。

IMG_7225.jpg

有名な桜の名所もありますが、こうした何気ない
名もないような桜にも出会ってしまうことがあるので
やっぱり毎年来てしまうんですね。

IMG_7227.jpg

足元にはタンポポが。
踏まないように…。

このアングルでしばらく眺めてました。

IMG_7222.jpg

初めて来たのになぜか郷愁感。
子供の頃だったらきっとこういうところで遊んだよね。

IMG_7228.jpg

やはり他の人も気になるようで
クルマを停めて立ち寄っていきます。

IMG_7237.jpg





福島県会津若松市:   <'14 APR>
posted by oka at 18:01| Comment(0) | 名もなき場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

名もなき場所で #26

IMG_6396.jpg

磐梯山からもうひとネタ。

この場所は山麓の猪苗代スキー場へ上る途中の路上。
猪苗代湖が程よい距離で見渡せるのでお気に入りなんですね。

IMG_6398.jpg

写真で伝わりきれないのが残念ですが、
この日も大きなキレイな空が広がっていました。

IMG_6400.jpg

IMG_6402.jpg


IMG_0821s-.jpg

この場所は以前こんな空を見ることができました。(2009年6月)
鳥が羽ばたいているような。
この当時、各方面からキレイだねーとの声が多かったのを覚えています。

IMG_6066.jpg

前回の記事でも触れましたが、今年4月の夕暮れ時、磐越道のSAから。
2ヶ月でこんなに表情が変わるんですね。

会津へ初めて来たのはまだ8〜9才の頃、家族旅行だったのですが、
事前に野口英世先生について本を読んでおくように
母親に言われたのですが、まんが版を買ってきて家族に笑われましたたらーっ(汗)
しかしそのおかげで(?)それなりに理解して、実際訪れたときに
「これが磐梯山かぁ」とか、猪苗代湖畔の記念館で
「これが火傷した囲炉裏かぁ」とか子供心に感心した記憶があります。

その後、多感だった頃の中学の修学旅行で訪れたり、
社会人になって仕事で来ることになったり。
何かと縁も感じてるんですね。
磐梯山に僕の成長を見守られてるような。

だから僕にとって富士山以上に
拝みたくなってしまうような存在なんです。

IMG_6405.jpg


これからもその雄々しい姿で見守っておくれ。



福島県耶麻郡磐梯町:   <'13 JUN>
posted by oka at 13:14| Comment(0) | 名もなき場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

名もなき場所で #25

IMG_6008.jpg

おととしの春、たまたま通りかかって見つけたこの桜、
また見ごろを迎えてました。

小さな神社の名もなき桜なのですが、
周辺の雰囲気も含めてお気に入りなんですね。

IMG_6012.jpg


この日は陽が差したり曇ったりで
撮影には難しかったのですが、
「#22」もあわせて見ていただければ幸いです。



福島県耶麻郡磐梯町:   <'13 APR>
posted by oka at 00:17| Comment(0) | 名もなき場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

名もなき場所で #24

IMG_4479.jpg

会津地方も田植えが始まりました。
一家総出で忙しく作業されているようです。

キレイな青い空、心地よい春の風、
そして残雪の飯豊山が見えます。
何気ない田園風景ですが、ついクルマを停めてしまいました。

福島でも一見すると、もう日常を取り戻しているように
錯覚してしまうのですが、漏れ伝わってくる言葉は
「除染が…」とか「仮設で…」とか
まだまだ困難な現実があるのですね。
地元の新聞を開いても震災関連の記事が
いまだ多くを占めています。

IMG_4475.jpg

この会津地方は放射性物質の影響は少ないのですが、
中通り地区の田んぼでは放射性物質を吸着させる
ゼオライトを散布するようで畦道に準備してありました。

原発事故は「起きた」だけでなく
今も「起きている」ことで
これからも「続いていく」ことだと
痛感させられてしまいます。

IMG_4476.jpg

気がつけばこの「名もなき場所で」のシリーズ、
なぜか最近はこの地区ばかり。
何か感じる事が多いのですかねぇ。



福島県喜多方市:   <'12 MAY>
posted by oka at 23:01| Comment(0) | 名もなき場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

名もなき場所で #23

IMG_3700.jpg

山都で新そばを堪能して、喜多方方面へ戻る途中、
紅葉がキレイだな〜なんて走っていたら
田んぼの畦道に三脚を立てているカメラマンが数人いました。

「あっ、SL(磐越西線)だねひらめき

去年もこの近くの鉄橋で見たのですぐにわかりました。
(名もなき場所で#20にて)

IMG_3701.jpg

あとから来たおじさんたちの慌てぶりから
もうすぐ来るようです。

「フォォーン」と勇ましい汽笛。

IMG_3702.jpg

撮り鉄からするとイマイチなアングルなんだろうけど、
ちょっと離れた位置から撮ってみました。

IMG_3704.jpg

IMG_3705.jpg

乗客の皆さんとお互いに手を振りました手(パー)




福島県喜多方市:   <'11 NOV>      
posted by oka at 00:04| Comment(2) | 名もなき場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

名もなき場所で #22

IMG_3342s-.jpg

猪苗代から喜多方方面へなんとなく
クルマを走らせてると、
田んぼの中に見事な一本桜が見えました。

IMG_3334s-.jpg

どうやら小さな神社のようです。
小さな鳥居と小さな参道のようになっています。

IMG_3340s-.jpg

桜の木に近づくと幹はV字になっています。
それに下から見上げるとかなりでかい!

IMG_3341s-.jpg

この幹の感じからすると
樹齢はかなり経っているはず。

IMG_3345s-.jpg

お参りにきたおじさんに話を聞くと、
今年の花はだいぶ白いそう。
10日くらい前にも雪が積もった(!)からなぁ…とのこと。

IMG_3348s-.jpg

福島にはこうしてちょっと郊外を走っていると、
ビックリするような見事な桜(しだれ桜も)が
普通にあったりするんで、桜好きにはたまらないですね。

IMG_3349s-.jpg

今年はあまり桜めぐりできなかったのですが、
もうこの木で満足です手(チョキ)
並木もいいけれど、こうした素朴な一本桜のほうが
好きなんですよね。
このあたりの雰囲気も含め、かなりイイ感じですかわいい

IMG_3358s-.jpg


福島県耶麻郡磐梯町:   <'11 MAY>
posted by oka at 22:21| Comment(2) | 名もなき場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

名もなき場所で #21

IMG_2936s-.jpg

ひさしぶりに喜多方らーめんを堪能したあと
郊外を走ってると、完全に冠雪している飯豊山が見えました。

ひらけた場所で畦道にクルマを停め、
カメラを向けてみたら空の方がキレイでした…。

いつもながら空が広く感じるなぁかわいい

そして刻々と表情を変えていきます…。



福島県喜多方市:   <'10 DEC>
posted by oka at 23:49| Comment(0) | 名もなき場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

名もなき場所で #20

IMG_2529s-.jpg

そば好きのokaは喜多方市街から
そばの里・山都(やまと)へ向かっていました。
(また福島へ来てしまいました)
ひとつ峠を越えて、山都駅の近くへ下りてくると
立派な鉄橋が見えてきました。

IMG_2525s-.jpg

列車の中から見ると
空を飛んでいる感覚なのかな〜なんて
兵庫の余部鉄橋を思い出しながら
なんとなく写真を撮っていました。

IMG_2526s-.jpg

列車が通るところを見てみたいけれど、
なかなか来ないんだろな。

IMG_2527s-.jpg

そして反対側へ行くと
数台クルマがやってきました。
そして慌ただしく三脚とカメラをスタンバイしています。
やっぱり鉄道ファンには有名なポイントなんだね。

IMG_2535s-.jpg

「フォォ〜〜ン」と汽笛が。

ん? SL?

そうか、磐越西線ばんえつ号か!
以前、新潟駅でも突然の汽笛にビックリしたことがありました…。

それに台風接近中で急に空が暗くなってきたよあせあせ(飛び散る汗)

IMG_2536s-.jpg

おーっ、きたきた。

IMG_2538s-.jpg

やっぱり飛んでいるようだね。
いいなぁ…。

IMG_2540s-.jpg

乗客のみなさん、こちらに手を振っています手(パー)
楽しそうだねるんるん

IMG_2533s-.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

他のカメラマンはまたいそいそと去っていきました。
きっと次のポイントへ先回りするんだね車(セダン)

偶然とはいえ、なんだか得した気分。
そしてこの直後大粒の雨が…雨

さて山都のそばは絶品でした。
水そばはなんか味気ないんじゃないの?
なんて浅はかな考えでしたが

「!」

信州・戸隠以来の衝撃です。
甘いというか、ちゃんとそばの味があるんですね。

戸隠同様、奥まった場所にありますが
また来たいなぁ。

今ふと気づきましたが「喜多方」って
喜びが多い方って書くんだねひらめき


福島県喜多方市:   <'10 AUG>
posted by oka at 17:55| Comment(0) | 名もなき場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

名もなき場所で #19

IMG_0584s-.jpg

前述の越代の桜を目指して地図を見ながら
走っていると古殿(ふるどの)町とあります。

なんか聞き覚えあるな〜と思ってたら、
そうそう、去年も桜の頃通りかかった町でした。

(下×3)去年のこの場所から

三春 08 065s-.jpg

去年は満開の頃でしたねぇ。
(<1>の「名もなき場所で #12」参照)

三春 08 061s-.jpg

三春 08 062s-.jpg

「きっとまた通りかかることがあるはず」と、
去年は締めくくったのですが、
ホントに1年後に通りかかってしまいましたひらめき

福島県石川郡古殿町:   <'09 MAY>
ラベル:越代の桜
posted by oka at 23:49| Comment(0) | 名もなき場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名もなき場所で #18

IMG_0603s-.jpg

GW中に福島へ向かう朝、
東北道の渋滞を避けるべく、一般道を快走していました。

すると見覚えのある景色が。
「名もなき場所で #17」の場所でした。
もうすっかり季節は変わっていましたね。

IMG_0608s-.jpg

残念ながら桜はもうとっくに葉ザクラになってしまって
いたけれど、きっとキレイな花を咲かせたんでしょうね。

それにこの川はもうちょっと下流の夏井川渓谷
夏井川だったんですね。

IMG_0607s-.jpg

もうすぐ田植えの時期ですね…。

福島県田村郡小野町:   <'09 MAY>
ラベル:夏井川渓谷
posted by oka at 23:13| Comment(0) | 名もなき場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

名もなき場所で #17

福島夏井 08 009s-.jpg

昨年12月福島にて、このなんの変哲もないような
田園風景で旅人okaは何を思ったか?

福島夏井 08 011s-.jpg

この小川の両岸の木はなんですね。
昨年春、それはそれは見事なたちを堪能させて
もらいました。(<1>参照)
と同時に思ったのは、「名のある桜」だけではなく、
美しい「名もなき桜」もたくさんあるということ。

福島には、日本人の誰もの心の底にあるような、
郷愁感を誘うような風景がまだまだあります。
今年はこうした「名もなき桜」を撮りにいこうかなかわいい
またベストの時期に行ければいいけど。

福島夏井 08 029s-.jpg

早く春にならないかな。

福島県小野町   <'08 DEC>
ラベル:
posted by oka at 00:19| Comment(4) | 名もなき場所で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。