2010年03月06日

'97 Grand Circle #14

Grand Circle '97 079s-.jpg

さてサンタフェから最後の町、
Albuquerque(アルバカーキー)へ。
といっても当初は単に
LAに帰る空港の町という予定だけでしたが。

モーテルにチェックインして
イエローページ(電話帳)で古着屋なんぞ探します。
アメリカは通りに名前がついているから
場所がわかりやすいねひらめき
どうやらモーテルからも近いニューメキシコ大学
周辺にあるようです。もちろん大学内も散策足
アメリカの大学の雰囲気大好きなんですよね。
短期留学したアリゾナ大学とちょっと似た雰囲気。
ブックストアでロゴ入りのウェアなどの買い物も楽しみです。

そしてこの時、この町はローリング・ストーンズ一色!
全米ツアー中で、2日後に(okaが帰国する日)に
大学のスタジアムでライブがあるそう。
会場にはデッカイセットが組まれていました。
地元のTV局もリハーサルの様子などを伝えています。
後に思えば、州都とはいえよくこの田舎町(失礼)に
来たもんですねぇ。
つい数年前、某古着店でこの時のツアーTシャツを発見し
感慨深かったことがありました…。

上の写真は今回の相棒のレンタカー。
暑かったデスバレーから、雪のユタまでよく走ってくれました。
最後に洗車してあげればよかったなぁと
この写真を見るたび思います。




後期:

さて、10日間の単独ドライブの旅、いかがだったでしょうか?
ロードムービーのように楽しんでもらえたら幸いです。
この旅は自分でも記憶があるうちに
まとめておきたかったんですよね。
この旅ではアメリカの大自然はもちろん、
国立公園の在り方とか、クルマ旅の合理的な面とか
いろいろ考えさせられることも多かったです。
英語も決して流暢ではないけれど、旅をするくらいであれば
なんとかなったんで、ちょっと自信になったりして。
この時はこういう旅がまた出来ると思っていたけれど、
やっぱり実際はなかなか出来ないですよね。
そういう意味でも貴重で思い入れの深い旅となりました。
またいつか行けるといいなかわいい

New Mexico, USA    <'97 OCT>


posted by oka at 15:57| Comment(4) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

'97 Grand Circle #13

Grand Circle '97 074s-.jpg

コロラド州デュランゴの町を出発し、
ニューメキシコ州へ向かいます。
コロラドはイメージ通り、高い山々があり
もうすでに冠雪していました。
珍しくジャンクションで、予定していた道を間違えたのですが
引き返すのも面倒だし、別に急ぐ旅でもないので
そのままルート変更しました。
この頃は、第一の目的だったモニュメントバレーに
行くことができた達成感もあり、
なんとなく空虚な気持ちだったかも。

夕方、ニューメキシコ州、Santa Fe(サンタフェ)到着。
上の写真のように夕焼け空は真っ赤でした。

Grand Circle '97 076s-.jpg

なぜ今回この町を訪れたのかというと
既に訪れた数人の友人が異口同音に
「サンタフェ良かったよ〜」
言っていたので、気になっていたのでした。
それならばゆっくり2日間くらい滞在しようかなと。

Grand Circle '97 077s-.jpg

プエブロ・インディアンやスペイン風の様式の
建築物に統一された町並みは美しいものでした。

Grand Circle '97 078s-.jpg

そしてアートの町、多くのギャラリーなどがあります。

Grand Circle '97 072s-.jpg

建物や露店にある赤いモノはトウガラシをブドウ状に結わいたもの。
このお土産をokaは新聞紙にくるんで、
スーツケースに入れて無理やり持ち帰りました…。
添えられていたカードには
「これは玄関等に飾る友人を歓迎する伝統的なシンボル」とありました。
信州・木曽路などで似たようなのを見かけると
ついこれを思い出してしまいます。
(こっちは魔よけだっけ…?)

Grand Circle '97 075s-.jpg

しかし、ユタの国立公園やモニュメントバレーなど
圧倒的な大自然のあとだったからか、
細い路地が入り組んだようなこの町は、イマイチな居心地。
それに当時、アメリカ人が旅行したい町に選ばれて
いたこともあってか、物価が高い。
カフェでの朝食も$10以上だったような…。
それ以上に相席だったおしゃべりなおばちゃんが強烈でしたが。

結局、1日しか滞在しませんでした。
もちろん今だったら、ゆっくり楽しめると思うけどね。

Colorado-New Mexico , USA   <'97 OCT>
ラベル:サンタフェ
posted by oka at 14:54| Comment(0) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

'97 Grand Circle #12

Grand Circle '97 068s-.jpg

翌朝、早起きしてこのポイントで
朝日がこの大地を赤く染めていく様を
眺めていました。

Grand Circle '97 069s-.jpg

Grand Circle '97 070s-.jpg

そして後ろ髪を引かれる思いで出発。
まだ旅は続くからね。

映画カチンコイージーライダーにも確か
映っていた巨岩を脇に眺めつつ
アリゾナ州の境を越えました。

Kayenta(カイエンタ)のジャンクションを
右折するとグランドキャニオン方面へ。
この時はもうすでに2回も行っていたので今回は左折。
160号線をしばらく行くとフォーコーナーズのサインが。

Grand Circle '97 071s-.jpg

フォーコーナーズとは
ユタコロラドニューメキシコアリゾナ
4州が直角に交わるポイント位置情報

周囲は何もなくポツンとあるんですけどね。

Grand Circle '97 073s-.jpg

ちなみにここでは、四つんばいになったり
ケンケンで回ったりするのがお約束。
やっぱりみんなやってました。
も、もちろんokaもやりましたが…。

そして、せっかくならコロラド州も行きましょ。
ということでこの日はDurango(デュランゴ)という町に泊。
SLが走っていたり、こじんまりとした
雰囲気のよい町だったけれど、写真が無い…。
学生たちに混じってコインランドリーで
時間を持て余していたっけ…。

Utah-Arizona-colorado, USA    <'97 OCT>
posted by oka at 16:45| Comment(2) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

'97 Grand Circle #11

Grand Circle '97 059s-.jpg

たどり着いたモニュメントバレー
その迫力にただ圧倒されました…。

ビュート(残丘)はそれまで想像していたより
はるかに、はるかにデカイ…。

Grand Circle '97 062s-.jpg

そして果てしない彼方まで続く大地

Grand Circle '97 057s-.jpg

10月も後半、観光客も少なく、
「ヒュ〜〜ゥゥ…」という強い風の音と、
弾き語りのシンガーのなぜかBeatles「Michelle」
メロディが今も耳の奥に残っています。

Grand Circle '97 056s-.jpg

時折、雲が影を作ります。

どれくらいの時間眺めていたんだろう…。
でもこの景色は飽きることはありません。

Grand Circle '97 063s-.jpg

夕刻の空はこんな色。

この日はMexican Hatという近くの小さな町へ。
夕方、数軒のモーテルを廻り料金と雰囲気を確認します。
この頃にはこういった作業も慣れたもの。
一番感じが良く清潔感のあるモーテルを選びました。

そして夜、ドリンクを買いに部屋を出たとき
言葉を失いました。
夜空には無数の星が!満天の星という言葉でも
全然足りないくらい、星という星はすべて
見えているのではと思うくらい、
見上げるまでもなく地平線の高さにもはっきりと見えていますぴかぴか(新しい)
確かに、確かに地球が丸いことを実感させられました。
そして地球iモードもこの無数の星のひとつであることも!

夜はかなり冷え込んでいましたが、
壮大な宇宙と地球に思いを馳せて
かなり長い時間瞬きを見ていたように思います。
この星空はいつかきっと誰かに見せてあげたいハートたち(複数ハート)
素直に思いました。

この地域に居留するナバホ・インディアン
天気をピタリと言い当てると後に知ったのですが、
なんだかわかるような気がしました。
きっと空や風、星などから感じとれるんだろうね。

Monument Valley   Utah-Arizona,USA   <'97 OCT>
posted by oka at 23:29| Comment(2) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

'97 Grand Circle #10

Grand Circle '97 051s-.jpg

前項で書き忘れたけれど、アーチーズ国立公園を出て、
モアブの町で遅めのランチのこと。
いつもはどうしてもファーストフード的な食に
なってしまいがちだけど、今回は感じの良さそうな
イタリアンの店レストランにしました。時間が遅めのこともあり、
他の客はいません。美味しいパスタを堪能し、
食後のコーヒー喫茶店を飲みながらここまでの旅のこと、
さっき見たデリケートアーチ、そしてついに明日行く
モニュメントバレーのことなどを思いながら、
ゆっくりとした時間を過ごしましたかわいい
ウェイトレスの女の子も実に感じが良かったので
赤いチェックのテーブルクロスの上に
多めのチップを置いて、町をちょっと散策してから
心地よくモアブを後にしました。(の、はずでした)

前項で記したように途中で雪となり、
引き返して結局モアブに泊まることになりました。
翌朝、安モーテルをすぐにチェックアウトし、
朝マックしていると、BMXの自転車をたくさん積んだ
トラックとヴァンから子供たちが降りてきました。
そうか、今日は日曜日か…。どこかでレースでも
あるのかな。旅の道中にその町の日常に触れるのも
興味深いことのひとつなんですね。

そして上の写真にあるように、宿泊予定だった町の
あたりは結構雪は積もっていました。
引き返して正解だったけれど、雪の装備などない
レンタカー、慎重に走ります。
交通量が少ないのが幸いだけれど、今思えば
ちょっと危なかったねあせあせ(飛び散る汗)
しかし前半のデスバレーでは暑かったのに
一気に冬になったようです。

Grand Circle '97 054s-.jpg

モアブのビジターセンターで言われたように
積雪は山の麓の一部だけでした。

大陸的な景色の中、ひたすら走ります。

そして…

Grand Circle '97 055s-.jpg

写真や映画などで、何度も見て憧れていたこの景色が
目の前に現れました。

カチンコ「フォレスト・ガンプ」でも走り続けた主人公がこの場所で走るのをやめましたね…。
EAGLESのベスト盤のジャケットも…。

そしていよいよモニュメントバレーへ…。

Utah,USA   <'97 OCT>
posted by oka at 01:10| Comment(2) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

'97 Grand Circle #9

Grand Circle '97 052s-.jpg

引き続きアーチーズ国立公園です。

上の写真、中央やや右にヒトが写っているのですが
確認できますかね?
その大きさと比べるとこのアーチのデカさが
伝わるのですが…。

Grand Circle '97 049s-.jpg

Grand Circle '97 053s-.jpg

そしてここのクライマックス、デリケートアーチ
小1時間、急な岩山を登ってやっと到着あせあせ(飛び散る汗)
先に来ていた老夫婦の「Congratulasion!」の声に
迎えられ、やっとご対面したそのアーチは
想像よりも大きく美しく、そして不思議に見えました。
この手前はすり鉢のようになっていて、
侵食していった形跡はなんとなく想像できたものの
この姿、自然の芸術というだけじゃ陳腐な表現ですね。

Grand Circle '97 058s-.jpg

白いジャケットのokaが写っていますが
その大きさを比較してください…。
それにしても寒い!
ハナ垂らしながらもいろんな角度から眺めていました…。


そして夕方、次の町へ向かって行ったのですが、
途中からがチラつきだし、ついには本降りに
なってしまったので慌てて引き返し、結局アーチーズ近くの
Moab(モアブ)の町に泊まることにしました。
どうりで昼間も寒かったワケだ。
ビジターセンターで天気の様子を訊くと、この先に山があって
その麓は降っているかもしれないが、その先は大丈夫とのこと。

モアブは観光の町なので宿代は全般的に高いので、
ちょっと路地に入った安めのモーテルにしました。
いつもは自分のタオルを使うのですが、
うっかり常備品のバスタオルを使ったら背中が痒い!
ま、こんなこともあります…。

Utah,USA   <'97 OCT>
posted by oka at 17:05| Comment(2) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

'97 Grand Circle #8

Grand Circle '97 044s-.jpg

この日は楽しみにしていたアーチーズ国立公園へ。

Grand Circle '97 045s-.jpg

ひとつひとつの自然の芸術
ただただ言葉を失うばかりです…。

Grand Circle '97 046s-.jpg

写真では伝わりづらいですが、
すべてものすごくデカイんですよ!

Grand Circle '97 047s-.jpg

大地のパワーを感じずにはいられません…。

Grand Circle '97 048s-.jpg

おっとっと、のバランスロック
実に不思議ですねぇ。

Utah,USA   <'97 OCT>
posted by oka at 16:11| Comment(0) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

'97 Grand Circle #7

Grand Circle '97 039s-.jpg

ブライスキャニオン国立公園をあとにして
I-15へ戻ります。
国立公園周辺の宿は高いので、滞在しないのであれば
フリーウェイ沿いのモーテルの方が堅実なんですね。
これもアメリカドライブ旅のコツですかね。

Grand Circle '97 023s-.jpg

牧場以外は何もないまさに牧歌的な風景。

Grand Circle '97 040s-.jpg

さて翌日は余裕を持って移動日。
フリーウェイはすぐ着いてしまうので
のんびり州道で行きますか。

時々町が現れる以外はホントに何もない道…。
お昼頃、この町この店を逃したらホントに
何もなくなりそうなので、慌てて引き返しますあせあせ(飛び散る汗)

ちょうどお昼時なので、この小さなカフェレストラン
地元の人々で満席。テイクアウト(アメリカではToGoね)に
して店内の椅子に座って待っていました。
美人姉妹?が忙しくオーダーと調理をしています。
外にダッジの新車のフルサイズのピックアップトラックが
止まりました。デッカイ、トレーラーを牽引しています。
何積んでるんだろ?とよく見たら
そして初老の夫婦が仲良さげに入店し、
oka同様にオーダーをして座りました。
そのスタイルはウエスタンハットにブーツ、デニムシャツと
ごく自然でありながらよく似合ってるんですね〜。
なんだか映画カチンコの中で観たようなシーンでした。

そしてやや淡白な味のハンバーガーファーストフードを頬張りながら、
こういう素朴なカフェをやるのもいいな〜なんて思っていました。

Grand Circle '97 042s-.jpg

キャピトルリーフ国立公園
通り過ぎただけでしたが紅葉がキレイでしたね。

Grand Circle '97 041s-.jpg

I-40へのり、今日の宿泊地へ向かいます。

Grand Circle '97 038s-.jpg

おお、まさに「Long Train Runnin'」
長〜い貨物列車が併走しています。
ここがフリーウェイ上じゃなかったら、
ずっと眺めていたかったなぁ。

Grand Circle '97 043s-.jpg

格安モーテルチェーン、モーテル6
この頃にはこの看板みると安心したりして。
ディレクトリをもらっておくと、各地の店舗が
載っているので予定が立てやすいですね。
今日はここ、ユタ州I-70上のGreen Riverという
小さな町に泊まります。



※突然中断し突然再開したこの'97のアメリカ、
 グランドサークルの旅。もちろんまだ続いています!
 いつものリアルタイムのネタと違って、
 「思い出す」という作業が要るため、つい後回しに
 していたら1年以上経ってしまいました(汗)
 できるだけその当時の感覚とかエピソードを
 思い出しながらアップするんで、また見てくださいね。
 「アメリカの空」#1から
 振り返ってもらえると幸いです…。

Utah,USA   <'97 OCT>
posted by oka at 15:18| Comment(0) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

'97 Grand Circle #6

Grand Circle '97 030s-.jpg

前項に続きブライスキャニオン国立公園です。

ここもいくつものトレイルがあって
この断崖を降りていくこともできます。

Grand Circle '97 031s-.jpg

Grand Circle '97 034s-.jpg

下の方にヒトが写ってるのがわかるでしょうか?
子供たちの「Wao!」「Amazing!」の声が
何度も響きます。

Grand Circle '97 033s-.jpg

ますます不思議な自然の芸術…。
もちろんものすごくデカイ…。

Grand Circle '97 037s-.jpg

Utah,USA   <'97 OCT>
posted by oka at 00:26| Comment(0) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

'97 Grand Circle #5

Grand Circle '97 026s-.jpg

ブライスキャニオン国立公園 (Bryce Canyon National Park)

断崖からの広大な景色と、川や雨や雪による浸食で造られた
芸術作品のような奇怪な岩に、ただただ言葉を失うばかりです。

Grand Circle '97 029s-.jpg

Grand Circle '97 027s-.jpg

Grand Circle '97 028s-.jpg

Grand Circle '97 035s-.jpg

Grand Circle '97 032s-.jpg

Grand Circle '97 036s-.jpg

この前日、初めてホームシックってやつになりました。
シーダーシティ(Cedar City)という町に泊まったのですが、
地図上でイメージしたより、あっけないほど小さな町でした。
「なんでこんなユタの田舎町にいるんだろう…」
日本に電話したあと、どうしようもないほど淋しくなって
眠りました。翌朝、フリーウェイ沿いのモーテルだったため、
でっかいトレーラーが道路のつなぎ目を走る
「ゴンッ、ゴンッ、ゴンッ」という音に起こされ、
晴れた空を見たら、そんなことは忘れてしまいましたが…。

Utah,USA   <'97 OCT>
posted by oka at 00:36| Comment(2) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

'97 Grand Circle #4

Grand Circle '97 018s-.jpg

ザイオン国立公園 (Zion National Park)

この日は快晴晴れ、そして空も空気も澄んでいて
ホントに気持ち良かった。

Grand Circle '97 019s-.jpg

バージン川の浸食などによる峡谷で、
手ごろなトレイルもいくつもあるので、
1日ゆっくり楽しめます。

Grand Circle '97 020s-.jpg

写真では伝わりづらいですが、
このポイントも大迫力でした。

Grand Circle '97 022s-.jpg

Grand Circle '97 024s-.jpg

見上げれば巨大な岩峰がいくつもあります。

Grand Circle '97 025s-.jpg

Grand Circle '97 016s-.jpg

Grand Circle '97 015s-.jpg

夏はだいぶ混雑するようですが、
この日はそれほどでもなく快適でした。
今度は何日か滞在していろんなトレイル
歩いてみたいなぁ。

Utah,USA   <'97 OCT>
posted by oka at 00:34| Comment(2) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

'97 Grand Circle #3

Grand Circle '97 013s-.jpg

ラスベガスへは何とか夕方着いたものの、
ベッドへ倒れこんでそのまま…眠い(睡眠)

ま、もともとラスベガス自体そんなに興味なかったんで。
ギャンブルは性に合わないし、なんか人工的なモノに
あんまり興味湧かないんですよね。
この時もたまたま通り道だから寄ってみた感じでした。

アメリカではモーテル6とか格安のモーテルに
泊まることが多いので、当然朝食は付いてません。
必然的に近くのファーストフードになるのですが、
ここでも道路側の席でぼんやり朝マックしてました。
クルマやその街の日常を見るのが好きなんですね。

朝のラッシュ時ということもあり、中心部へ向かって
渋滞しています。ドライブスルーも行列です。
電気屋さんのトラックが多いことに気づき、
「あーこの街はやっぱり需要が多いんだろな」なんて思ったりして。

マッチョ男のドライバーが、手の平を上にする仕草
前の車を譲っています。さすがジェントルマン。
この日以来、この仕草okaも真似しています…手(パー)

Grand Circle '97 012s-.jpg

(上)当時好きだったモータースポーツ
   NASCARのショップで。

I-15のインターチェンジの入り口がわからず、
ぐるぐる迷ってたら、ダウンタウンの明らかに治安の
悪そうなエリアへあせあせ(飛び散る汗)アメリカの光と影を見たようでした。

Grand Circle '97 008s-.jpg

(上、下)I-15にて。 今日は移動日です。
     とはいえ大陸的なすんごい景色が次々現れるので
     ずっとワクワクでした。

Grand Circle '97 017s-.jpg

Grand Circle '97 014s-.jpg

(上、下)今日はここまで。ユタ州へ入りセント・ジョージの町。
     ここは夕日がきれいだったなぁぴかぴか(新しい)

Grand Circle '97 009s-.jpg

Las Vegas, Nevada 〜 St.George, Utah, USA   <'97 OCT>
ラベル:ラスベガス ユタ
posted by oka at 23:14| Comment(0) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

'97 Grand Circle #2

Grand Circle '97 003s-.jpg

L.A.からのインターステイト15号(以下、I-15)を
ベイカー(Baker)で降り、給油ガソリンスタンドとたっぷりの水を買い込んで
CA-127を北上し、デスバレーを目指します。

(上、下)気の遠くなるような直線が続きます。
     正直あまり距離感わかってませんでした…。
     時々現れる町(というか村というか集落)を
     地図で確認するけど、全然進んでないがく〜(落胆した顔)

Grand Circle '97 004s-.jpg

それにこの地の果てのような景色の中じゃ、
UFOが現れても普通に受け入れてしまうだろな…。
そういえばエリア51て、この辺にあるんだっけ…。

Grand Circle '97 007s-.jpg

(上)クルマもオーバーヒート気味になりながら
   何とかたどり着いた(らしい…)デスバレー
   ザブリスキーポイント(Zabriskie Point)から。
   後で知ったんだけどこの場所は
   U2の'87の名盤「THE JOSHUA TREE」のジャケット
   撮影場所なんだね!

Grand Circle '97 005s-.jpg

(上)バッドウォーター(Bad Water)から
   白く見えるのは塩の結晶。
(下)当時のokaです。
   かなりのヘトヘト感ですねぇ。
   それに髪型がボブでした…。

Grand Circle '97 011s-.jpg

Grand Circle '97 006s-.jpg

(上)帰り道立ち寄ったシュショーニ(Shoshone)という
   小さな分岐点の町。このかわいいお店で休憩。
   ここでポストカード出したっけ…。
(下)CA-178へ入りラスベガス方面へ。
   また気の遠くなるような直線…。
   時差ボケの反動でものすごく眠い…。
   明るいうちに着けるのか…?

Grand Circle '97 010s-.jpg

結局このデスバレーは時差ボケの中だったこともあり、
ただツラかった記憶しか…たらーっ(汗)

California,USA   <'97 OCT>
posted by oka at 23:26| Comment(4) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

'97 Grand Circle #1

Grand Circle '97 002s-.jpg

1997年秋、当時の会社を退社したokaは
すぐにアメリカへと旅立ちました。
どーしても行きたかったモニュメント・バレー
そしてその周辺のグランドサークルと呼ばれる
大自然の国立公園へ。

学生の頃から、短期留学の後も友人を訪ねたりして
数回アメリカへは行ってましたが、
この時は全行程単独ということもあり、
とても思い入れのある10日間のドライブの旅でした。

今回、自分でも記録を残すという意味も込めて
写真やエピソードとともに改めてたどっていこうと思います。
しばしアメリカの空を感じてもらえれば幸いです。
当時のガイドブックとロードマップも
引っ張りだしてきましたよ。

写真は紙写真をデジカメでムリヤリ補正したんで
イマイチ不鮮明ですがご勘弁を。
当時はこんなブログで公開なんて夢にも思わなかったからね。

それでは出発!

夕方、ロサンゼルス国際空港へ到着し
思いっきり時差ボケふらふらだったためそのまま
モーテルへチェックインし睡眠…眠い(睡眠)

で、翌朝(というか夜中)パッチリ目が覚めてしまい
夜明け前に出発…三日月

まずはデスバレー国立公園を目指します。

(上、下)夜が明けるともうすでに郊外。
     早くもアメリカ的な景色にウキウキぴかぴか(新しい)

Grand Circle '97 001s-.jpg

California,USA   <'97 OCT>
posted by oka at 21:37| Comment(0) | アメリカの空 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。