2011年06月23日

オキナワの雨 2011

今日は沖縄慰霊の日。

ニュースで映像を見ていたら、
自分のオキナワの旅を思い出してしまいました。

この旅は写真は一枚も無いのですが、
オキナワのいろんな面を垣間見た
とても印象に残る旅でした。

そしてこのブログ<1>の2007年5月、
記事にした文章があるのでそのまま転記します。



「オキナワの雨 #1」

湿気を帯びた曇天の梅雨の頃にいつも思い出される感覚、
オキナワの旅のこと。
「涙そうそう」などの世間的な沖縄ブームの少し前、
2002年初夏の頃でした。
何がキッカケだったかは忘れたが、
急に思い立ち、週末に沖縄本島へ飛ぶことにした。

その前にどうしても気になることがあった。
日本人として知っておくべきことのひとつ、
「ひめゆり学徒隊」のことだった。
図書館で関連の本を2冊ほど借りて読んだのだが、
地上戦の惨状が想像以上の内容で、
相当に気が重くなってしまった…。

そして当日、の中「めんそーれ」の文字に
迎えられ、那覇空港に降り立った。

まずはレンタカーで国道58号線を北上し、
北谷周辺を周りその後、中心地の国際通りへ。
途中、路上でシルバーを売っている彼に市場近くの
美味い定食屋を教えてもらい、本場のゴーヤチャンプルを食す。
蒸し暑い気候に、オリオンビールがさっぱりと美味い。



「オキナワの雨 #2」

翌朝もが降っていた。
那覇市街を南下し糸満市の「ひめゆり平和祈念資料館」へ向かう。
途中、本に出てきた地名が次々現れた。
戦没者の魂がさまよってる感じすらした。
すでに気が重くなってきて、資料館も通り過ぎようかと
思ったが、ここまで来たからと気を取り直す。

入り口で献花し手を合わせる。
展示物を見ながら進んでいくと、高齢の女性が訪問者に
一生懸命何度も何度も説明している。
ひめゆり学徒隊の経験者でここで語り部として
我々に伝えているのだ。

その姿を見たとき、相当な衝撃を受けた。
本を読んだ時は、遠い昔のような感覚だったが、
現在もご健在であるように、そんなに昔のことではないのだ。
思い出すのも辛いであろう、当時の出来事を話す彼女を思うと
もう涙が出そうだった。
出口近くのベンチで、中庭のを見ながら呆然としてしまった。
感想を記すノートには
「とにかく我々に出来ることは、命を粗末にしないこと」
そんなことを書くのが精一杯だった。

そして、本を読んで気になっていた場所、
本島南端の喜屋武(きやん)岬へ。
陸からは米兵隊、海は埋め尽くすほどの米国の軍艦。
鬼畜米兵、捕虜になることも許されない教育のもと、
ひとつの手榴弾で数人が肩を組み、自らピンを抜いた人たちの
ことを思って悲しい海を見つめました。
今でも地元の海で、曇天の重い空の日は
この日のことを強烈に思い出します。

さとうきび畑を抜けて、沖縄自動車道で一気に北上。
この時、車内のFMから流れてたイーグルスの
「ホテル・カリフォルニア」が妙に悲しく胸に沁みます。

絶景の万座毛を訪れるころには空は快晴に。
そして嘉手納基地の周辺へ。
ずっと車内でAFN(旧FEN)を聴いていたせいもあるが、
この辺りはアメリカっぽい日本なのか、
日本的なアメリカなのか、不思議な感覚に陥りながら、
ゲート近くの店でタコライスを食べたっけ。



このオキナワの旅は、深く内面的にいろいろ考えさせられたし、
三線の音色が悲しく胸に響きました。
またいろんな文化が混在するこの土地に惹きつけられ、
しばらくオキナワマイブームが続き、
密かに移住計画も考えたほどでした。
世間的にブームになって冷めましたが…。

okaにとって忘れられない旅のひとつです。

Mr.Childrenのアルバム「B-SIDE」に、この当時も
よく聴いていた「1999年、夏、沖縄」が収録されたこともあり、
最近オキナワのことを思い出していました。





《後記》
以上が2007年5月の記事そのままなのですが、
今もこの梅雨時の蒸し暑い曇天の日には
この時のオキナワを思い出したりもします。
オキナワの悲しい歴史も忘れてはいけませんね。

NO WAR, NO NUKE!







posted by oka at 23:06| Comment(0) | あの日の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

喰丸小学校

IMG_0529s-.jpg

先日、別件で検索したあとなんとなくネット上を
流していたら、見覚えのある写真が…。

福島の奥会津地方にある喰丸小学校。木造校舎の廃校です。

もともと木造校舎や分校には興味あったのですが
この時はたまたまドライブしていたら
たまたま発見して写真を撮ったはず。

IMG_0531s-.jpg

膨大な旅写真の中から探しだしました。
日付を見ると2009年4月
この時は特にブログの記事にはしなかったんですね。

IMG_0530s-.jpg

ネットの情報によると
喰丸小学校は明治22年開校、昭和55年廃校。
現在のこの校舎は昭和12年建築、体育館は昭和36年に建てられたとのこと。

そしてなんとこの美しくてかわいい体育館はこの年、
2009年に解体されてしまったとのこと…がく〜(落胆した顔)

校舎は現在「ハーメルン」という映画を撮影中で
監督の熱意により撮影終了まで解体は延期されているとのこと。

IMG_0535s-.jpg

4月でもこの残雪の量。
奥会津の雪深さを感じてしまいます。

IMG_0536s-.jpg

中央はイチョウの木。
毎年秋には美しく色づくだろうけど
今年の秋にはもう校舎も無くなってるのかももうやだ〜(悲しい顔)

こうした校舎を残し、維持していくのは
現実的に難しいのだろうけど、
なんとかいい方法が無いのかといつも感じてしまいます。

このブログも<1>からもう数年続いていて、
旅写真もそれなりの量になっているのですが、
今回のように時の流れも感じてしまいます。

そんなこともあり「ハーメルン」という映画は
倍賞千恵子さんも出演するみたいだし、
是非観てみたいですね。
校舎は映画の中で残るんだねかわいい


福島県昭和村:   <'09 APR>
posted by oka at 23:32| Comment(0) | あの日の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

あの日の空から #9

IMG_0496s-.jpg

しつこいくらいに桜ネタですあせあせ(飛び散る汗)
前項に続き福島の桜、去年の旅から。

乙姫桜
濃いピンクが特徴ですが、
今見てもやっぱり黒ハート形にみえるんだよな…。

IMG_0500s-.jpg

IMG_0499s-.jpg

ね?黒ハート

IMG_0550s-.jpg

慈徳寺(じとくじ)の種まき桜
その名の通り、苗代の種まきの時期に咲くそう。

IMG_0542s-.jpg

東西南北に大きく張り出しています。

IMG_0548s-.jpg

内側から見ると不思議な光景が…。
でも桜の根元は踏み固めてしまうと
呼吸ができなくなってしまうそうだから
気をつけないとねひらめき

IMG_0571s-.jpg

秋山の駒ザクラ
樹高20mもある大木なんですが、
花はちっちゃくて可憐なんですよ。

IMG_0558s-.jpg

ね?

IMG_0602s-.jpg

越代(こしだい)の桜
わりと遅くまで咲いていますが、もう散り際でした…。

IMG_0594s-.jpg

IMG_0580s-.jpg

もちろん、名もなき桜も良いですよね。

IMG_0553s-.jpg

桜の旅はこれからも続くだろな…。

これらのネタの詳細は09年の4月にあるんでよかったら…。



福島県白河市、福島市、川俣町、古殿町他   <'09 APR,MAY>
posted by oka at 00:11| Comment(4) | あの日の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

あの日の空から #8

三春 08 003s-.jpg

関東の桜はもう散ってしまった所が多いですが、
東北はこれから見ごろを迎えます。

これらの写真は'08年、福島の桜めぐりから。

(上、下)三春滝桜
      樹齢1000年の重さと迫力もスゴイが、
      早朝からの渋滞もスゴイ。

ちなみにここの三春町梅・桃・桜がいっぺんに咲くから三春っていうんだよひらめき
もうそれ聞いただけで嬉しくなるねぴかぴか(新しい)

三春 08 009s-.jpg

三春 08 021s-.jpg

大聖寺の紅しだれ桜
(だいしょうじのべにしだれざくら)
細くて繊細な花が下まで届きそうでした…。

三春 08 039s-.jpg

合戦場のしだれ桜(かっせんばのしだれざくら)
空も晴れてきてイイ感じ晴れ

三春 08 054s-.jpg

曲山の愛姫桜(まがりやまのめごひめざくら)
周辺の里山的風景の中にあって、
個人的にここが特に印象に残っています。
当時もコメントしましたが、
映画や小説のイメージが湧いてきそうな感じ?

三春 08 048s-.jpg

特に名前がなくても古木が
たくさん残ってるんですねぇ…。

三春 08 067s-.jpg

いろんな桜を見られた充実の1日でしたかわいい
これらの詳細は<1>の'08年4月にあるんでよかったら…。

福島県三春町、田村市、二本松市他:    <'08 APR>
ラベル:三春滝桜
posted by oka at 02:05| Comment(2) | あの日の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

あの日の空から #7

長浜〜丹後 05 029s-.jpg

最近、過去の写真を整理しているのですが、
こんな空もあったなぁ。

'05年3月、京都・舞鶴の五老岳公園から
風情ある舞鶴湾を見下ろします。

長浜〜丹後 05 032s-.jpg

この空と海のブルーも忘れられませんぴかぴか(新しい)

長浜〜丹後 05 026s-.jpg

この時よく聴いていた平原綾香「明日」
同時に思い出します。
もう5年前かぁ…。

京都府舞鶴市:   <'05 MAR>
posted by oka at 00:02| Comment(0) | あの日の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

あの日の空から #6 高知編(後)

高知 04 sep 027s-.jpg

(上)桂浜
(下)坂本龍馬像(暗くてよくわからんね…)
しかし今や福山雅治
ちなみにokaは福山に似てるとよく言われます。    ウソ

高知 04 sep 026s-.jpg

高知 04 sep 028s-.jpg

(上)はりまや橋
(下)はりまや橋交差点付近
路面電車が走る町、好きなんですね。
旅情を誘うというか…。
それにこの交差点は四方から交わるので
なかなか見応えがあります。

高知 04 sep 031s-.jpg

高知 033s-.jpg

(上)高知城
(下)天守閣から
この下に見える追手筋という通りでは
日曜市が行われます。
お土産イッパイ買いました。

高知 04 sep 034s-.jpg

高知 04 sep 039s-.jpg

帰りの高知龍馬空港はこんなに青い空。
展望デッキでしばらく眺めていました…。

高知 04 sep 038s-.jpg

レンタカーのマツダ・デミオ。
余談ですが、この時初めてマツダ車に乗ったのですが、
キリリと切れるハンドルと軽快な走りがとても心地よく
現在の愛車トリビュートへとつながったワケです。

後記:
やっぱり高知もよかったなぁ。
カツオのタタキも美味かったし。
お遍路さんも意外に多く見かけました。
四国もなかなか行きづらいけれど
また行きたいなぁ。

高知県高知市:   <'04 SEP>
posted by oka at 02:58| Comment(0) | あの日の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの日の空から #5 高知編(前)

高知 04 sep 009s-.jpg

最近、大河ドラマの影響もあってか
高知が注目度アップされているんで、
'04年9月の高知の旅を懐かしく思い出していました。

旅の空<1>でも初期の頃ちょっとアップしましたが
この当時はこんなブログで公開することなど
まったく考えられない頃だったので
写真の数も少ないのですが、いろいろ思い出しながら
あらためてこの旅を振り返ってみようと思います。

(上)室戸岬にて
高知龍馬空港を降り立ったときは小雨が降って
いたのですが、とりあえず向かった室戸岬へ着くと
東の空が晴れてきました。
この空と海の境界線が溶け合うようなブルーを見て
ニッポンの旅を見直すキッカケにもなりました。
(詳細は<1>の一番最初のネタにあります)

(下)室戸岬近くの吉良川の町並み
こういった町をぶらりと歩くのは実に楽しい。
が、写真はこれ1枚しかなかった…。
またゆっくりと見たいなぁ。

高知 04 sep 011s-.jpg

高知 04 sep 012s-.jpg

このときは航空券+ホテル+レンタカーの
安ツアーだったのでホテルの選択権ナシ。
鏡川沿いに市街が見えるなかなかの景色だったけど
両サイドはラ○ホという微妙なロケーション…。

高知 04 sep 015s-.jpg

翌日は国道381〜441号を四万十川に沿ってドライブ。
21本あるという沈下橋にできるだけ寄っていきます。

高知 04 sep 017s-.jpg

ここらへんの写真も少ないんだよな。

高知 04 sep 021s-.jpg

最も下流の佐田沈下橋
屋形船もいい感じだね。

高知 04 sep 025s-.jpg

※沈下橋
 増水時でも流されることなく水中に
 沈むように造られた橋。
 水の抵抗を少なくするため欄干がない。

高知県高知市、他:   <'04 SEP>
posted by oka at 02:07| Comment(0) | あの日の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

あの日の空から #4

山中湖 南伊豆06 003s-.jpg

2006年1月の山中湖、全面結氷した時です。

いくら標高の高い位置にある山中湖でも、
最近では暖冬の影響か、なかなか凍らないようです。
(群馬・榛名湖も同様みたい)

この冬も暖冬らしいですが、どうなんですかね?

山中湖 南伊豆06 001s-.jpg

山梨県山中湖村:   <'06 JAN>
ラベル:山中湖 全面結氷
posted by oka at 23:22| Comment(0) | あの日の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

あの日の空から #3

河津 07 033s-.jpg

'07年2月の南伊豆・白浜海岸です。

その名の通り、白い砂浜がキレイなのですが、
この日は海も空も沖縄のようぴかぴか(新しい)

河津 07 030s-.jpg

冬の海はとっても穏やかで
好きなんですよねかわいい

河津 07 032s-.jpg

河津 07 031s-.jpg

河津 07 028s-.jpg

寒い時期はやっぱり南の方角へ
向かってしまうんですね。
南伊豆も大好きな場所のひとつです。

河津 07 034s-.jpg

今冬もきっと行くだろな…。

静岡県下田市:   <'07 FEB>
ラベル:南伊豆 白浜海岸
posted by oka at 22:33| Comment(2) | あの日の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

あの日の空から #2

尾瀬・至仏山 023s-.jpg

前項に続いてこちらも'06年10月
尾瀬・至仏山です。

尾瀬・至仏山 003s-.jpg

尾瀬・至仏山 006s-.jpg

尾瀬・至仏山 007s-.jpg

尾瀬・至仏山 011s-.jpg

この後もいろんな山に登りましたが、
こんな雲海はなかったなぁ…。

尾瀬・至仏山 014s-.jpg

この日もすごく晴れたんだね晴れ
我ながらやっぱり晴れ男手(チョキ)

尾瀬・至仏山 020s-.jpg

山頂からの尾瀬ヶ原燧ヶ岳の絶景と達成感は
忘れられませんぴかぴか(新しい)

尾瀬・至仏山 024s-.jpg

群馬県片品村:   <'06 OCT>
posted by oka at 23:41| Comment(2) | あの日の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

あの日の空から #1

日光白根山 06 002s-.jpg

PCのスクリーンセーバーはピクチャを
スライドショーにしているのですが、
全部シャッフルされるので
あれ、今のどこだっけ?  とか
忘れかけてて、ハッとするような写真が出てきたりします。

この上の写真がそうでした。
'06年10月の日光白根山
もちろん当時<1>でアップしてるのですが
こんなに空がブルーだったっけ?
それに山頂付近は雪化粧だったんだ…。

日光白根山 06 008s-.jpg

日光白根山 06 010s-.jpg

(上)日光男体山中禅寺湖がすぐ近くに。
    男体山は今秋登頂しましたひらめき
(下)富士山も見えたんだ…。

日光白根山 06 011s-.jpg

日光白根山 06 013s-.jpg

日光白根山 06 018s-.jpg

日光白根山 06 024s-.jpg

どこまでも秋の澄んだ空が…。

日光白根山 06 020s-.jpg

日光白根山 06 026s-.jpg

日光白根山 06 027s-.jpg

最近から見てくれている人もいると思うので、
たまに初期のネタ、こうやって再編集しようかな。

群馬県片品村:   <'06 OCT>
posted by oka at 23:30| Comment(0) | あの日の空から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。