2011年10月27日

信越トレイル '11 秋

011.jpg

一年ぶりの信越トレイルですひらめき
昨年秋に全線踏破したときは、まだ紅葉の初めだったので
来年は絶対ピーク時期に来たいと思ってたんですよねアート

012.jpg

今回は関田峠牧峠を歩きます足

005.jpg

紅葉もちょうどよい頃、足首まで埋まりそうな
ふかふかの落葉の上を歩きます。

003.jpg

写真にはありませんが、いろんな人とすれ違い、
言葉を交わしました。

008.jpg

見てのとおり、天気は曇りで途中から小雨が降り出したのですが、
このしっとり感も心地よいのです。
去年も思いましたが、このトレイルでは雨の不快感はゼロですよ決定

013.jpg

牧ノ小池も幻想的霧

014.jpg

やっぱりこのトレイルは素晴らしいなぁぴかぴか(新しい)
あらためて思いながら歩いてました。


信越トレイル:
http://www.s-trail.net/


そして昨年の全線踏破のすべては
「信越トレイル」のカテゴリから是非右斜め上



長野県飯山市、新潟県上越市:   <'11 OCT>


ラベル:信越トレイル
posted by oka at 23:43| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

全線踏破証

IMG_2632s-.jpg

信越トレイル全線踏破証が届きましたメール

これは行程を自己申告して発行してもらうのですが、
こうして結果が形になると、やっぱりちょっとウレシイもんですね。

このトレイル期間はいろんなことを感じたり、
考えたりもしたとても充実した日々でした。
また違う季節に歩いてみようと思います。
ブナ林てホントに心地良いんですよ。

それに踏破はやっぱり戸狩温泉・岸田屋さんのご協力なしでは
成し得なかったなぁとあらためて思っています。
毎回送迎していただき、温泉で疲れを癒し、
美味しいご飯とおにぎりはパワーの源手(グー)
ありがたかったです…。

(上)ニトリで買ってきたフレームに入れたら
   おねだん以上にいい感じひらめき
   名前を隠してるのはワッペンです。

(下)ピンバッジは普段愛用のL.L.Beanのトートバッグに
   つけてみましょうか。

IMG_2638s-.jpg
posted by oka at 23:47| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

信越トレイルを終えて

@伏野10-10 008s-.jpg

前項に記したように先日、信越トレイル全80km
踏破することができました。

雑誌がきっかけでこのトレイルを知ったのですが、
それまでは山登りといえばひたすら山頂目指して
ガツガツ登ることしかしてなかったので、
この尾根を進むトレイルにちょっと興味
持ったんですね。
最初はもちろん踏破など考えてなかったので
とりあえずコース的にラウンドしてスタート地点に戻れる
斑尾高原周辺を歩いてみることにしました。

(上)茶屋池周辺の美しいブナ林。
   偶然にも公式ガイドブックの表紙と同じ場所でしたひらめき

斑尾 09 10-11 001s-.jpg

(上)はじまりの一歩、斑尾山登山口

そしてこのトレイルの象徴とも言うべきブナ林
美しさに気づいてしまったんですね。
このときは昨年、もうオフ前の10月でした。

今年夏、再びブナ林に触れたくなり
見どころのひとつ鍋倉山〜茶屋池あたりの
セクション4を歩きました。
この時もまだ踏破は考えてなかったんですね。

結果的にこの時からずっとお世話になることになる
戸狩温泉・岸田屋さんのご主人の話を聞いていたら
踏破の意欲が湧いてきました。

CIMG0049s-.jpg

(上)ブナ林に囲まれた茶屋池

踏破を目標に決めてからは涼しくなるのを待って
(標高1,000m程度のコースなので真夏は暑いあせあせ(飛び散る汗)
まずはとばしてしまった区間を歩きます。
時々先を急ぐように歩いてしまいがちですが、

「踏破は目標であって目的ではない」

ということを自身のキーワードにして過程を楽しむことを
忘れないようにしました。

@深坂10-10 005s-.jpg

(上)色づき始めたブナ林、伏野峠付近にて

特に後半は日本海側の展望が開けたり、
ブナ林が連続し尾根歩きの醍醐味を満喫できました。

しかし尾根歩きということはスタート地点と
ゴール地点のクルマのアクセスを考えなければなりません。

有難いことにその点も岸田屋さんに協力いただきました。
まずゴール地点へ2台で行き、自分のクルマを置き、
スタート地点へ戻るという作業を繰り返しました。
その車中でのご主人のお話も興味深いことばかりでした。

トレイル上で話した人たちも、1台で行動するとどうしても
ピストンの行程になってしまうということを
よく聞いたので、僕は本当に幸運だったと思います。

それにこのトレイルはボランティアの方々によって
整備活動を行っているとのことで、
全行程安全かつ快適に歩くことができました。
これは本当に感謝すべき素晴らしいことだと思います。

こうしていろんなことを感じたトレイルの日々でした。
まだまだいろいろ思うことがあるような気がしてますが、
とにかく充実した良い経験ができたことは間違いありません。

だから終わりのころは淋しくなってしまったのかも
しれませんね。

このブログでは全行程の記録をまとめられたので
よかったら見てくださいねかわいい
自分でも振り返って見てみたのですが、
心境の変化がありつつ虹、猛暑、雨、地震…
いろいろありました…。
ラベル:信越トレイル
posted by oka at 23:11| Comment(2) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

信越トレイルsection6・#3・踏破

@深坂10-10 030s-.jpg

いよいよ最終日、昨日の深坂峠から最終地点
天水山を目指します位置情報
もう今日はゆっくり歩いても2時間弱の行程。

@深坂10-10 033s-.jpg

今日も絶景はおあずけだね…。

@深坂10-10 037s-.jpg

ふかふかした落ち葉の上を歩くのは
秋の山歩きの楽しみかわいい

@深坂10-10 038s-.jpg

@深坂10-10 045s-.jpg

新潟らしい棚田の風景が見えるようになってきました。
空も晴れてきたね晴れ

@深坂10-10 048s-.jpg

朝、ひと雨あったおかげで木々が
より鮮やかに見えますぴかぴか(新しい)

@深坂10-10 049s-.jpg

すれ違ったご夫婦と静かに挨拶を交わします…。

@深坂10-10 050s-.jpg

木漏れ日が…ぴかぴか(新しい)

@深坂10-10 051s-.jpg

眩しい木漏れ日が…ぴかぴか(新しい)

この時、
秋の朝の澄んだ空気の中で、この美しい自然に身をおいている悦びと
それがもうすぐ終わってしまう淋しさでちょっと感傷的になっていましたもうやだ〜(悲しい顔)

そして…

@深坂10-10 062s-.jpg

天水山山頂位置情報到達。
信越トレイル全80km踏破となりました手(チョキ)

@深坂10-10 063s-.jpg

この瞬間は「よっしゃー!」って気分になると思いきや、
自分でも予想外に穏やかでした。

達成感や無事に終えた安堵感はもちろんあるけれど、
正直淋しさのほうが勝っていたかも。

それだけいろんな意味で充実していたってことなのかな?

@深坂10-10 065s-.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

@深坂10-10 053s-.jpg

こんな景色を見ながら、岸田屋さんで作ってもらった
おにぎり食べました。やっぱり最高に美味いね〜。

長いトレイルの間には雨に降られたこともあったけど、
最初(斑尾山登山口)と最後はちゃんと晴れてくれるんだな〜晴れ
晴れ男帳尻合わせか…?

そんなこと思いながら格別のコーヒーを…喫茶店

@深坂10-10 073s-.jpg

いつもは山頂などでも
こういう写真撮らないんだけど
今回は…ね。ちょっと感慨深かったんで。

このトレイルを通じて
いろいろ感じたこととか、
全体的な感想はまた後日に犬

新潟県栄村:   <'10 OCT>
posted by oka at 00:35| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

信越トレイルsection6・#2

@深坂10-10 019s-.jpg

今日は短い行程なので楽々深坂(みさか)に到着。
と同時に大粒の雨が降り出しました雨

@深坂10-10 020s-.jpg

ここからは新潟方面の絶景が…! 

…今日はダメだね…たらーっ(汗)

@深坂10-10 021s-.jpg

雨で冷えた体をあたためましょう。
今日は極甘のキャラメルマキアートな気分喫茶店

IMG_2604s-.jpg

ちょっと野々海(ののみ)に寄っていきましょう。

IMG_2602s-.jpg

ここも紅葉のピークはこれからだね。

IMG_2605s-.jpg

あらら、峠を下ってきたらすっかり晴れてきました晴れ

IMG_2607s-.jpg

これも「女心と秋の空」ってとこですかね…。
はぁ、男はつらいよ…(?)

あしたはついに最終日、最終区間、天水山を目指します位置情報

長野県栄村:   <'10 OCT>
posted by oka at 22:34| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信越トレイルsection6・#1

@深坂10-10 001s-.jpg

さて、いよいよセクション6、最終の区間です。

この日は前日の天気予報で1日中雨雨の予報だったので、
やめようと思っていました。
しかし当日の朝、午前中は意外に降らなそうだったので、
このトレイル期間ずっとお世話になってる
宿のご主人(戸狩温泉・岸田屋さん)に助言いただき、
半分の区間、伏野峠から深坂(みさか)まで歩くことにしました。

@深坂10-10 003s-.jpg

こうして臨機応変にやれば良いんですよね。
ひとつのセクション=1日な考えに固執してました…たらーっ(汗)

@深坂10-10 005s-.jpg

それにしても前回のセクション5から1週間しか経ってないのに
だいぶ木々は色づき落葉しています。
紅葉のピークは来週末くらいかな?

@深坂10-10 006s-.jpg

だいぶガスってますが、ひんやりして心地よい…。

@深坂10-10 011s-.jpg

@深坂10-10 016s-.jpg

野々海(ののみ)のあたりで、ブナの巨木たち
荘厳な雰囲気の中現れました。
なんだか森の主たちのようで恐縮してしまいますあせあせ(飛び散る汗)

@深坂10-10 017s-.jpg

たっぷりと水分を蓄えた幹に手をあてると、
生命力が伝わってくるようです。
ある種のパワースポットかもしれません。

新潟県上越市:   <'10 OCT>
posted by oka at 00:43| Comment(2) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

信越トレイルsection5・#3

@伏野10-10 037s-.jpg

このセクションも後半、ブナの木も
大木老木が多くなってきました。

@伏野10-10 035s-.jpg

このセクションは林道歩きもなく、
尾根歩きの醍醐味を味わえます。

@伏野10-10 043s-.jpg

幻の池

@伏野10-10 044s-.jpg

やっぱり雲が多くなってきました曇り

@伏野10-10 045s-.jpg

菱ヶ岳が見えたらこの日のゴール、伏野(ぶすの)はもうすぐ。
見える景色もだいぶ変わってきましたねぇ…。

次回のセクション6で、この80kmにわたる信越トレイルもいよいよ踏破位置情報

新潟県上越市:   <'10 OCT>
posted by oka at 00:30| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

信越トレイルsection5・#2

@伏野10-10 024s-.jpg

牧峠では急に視界が開けました目

@伏野10-10 019s-.jpg

日本海がだいぶ近くに見えるようになりましたぴかぴか(新しい)
ちなみにさっきの地震の震源、新潟県上越市はこのあたりあせあせ(飛び散る汗)

@伏野10-10 020s-.jpg

この牧峠は春と秋、などの鳥の渡りが見られる場所として有名とのこと。
この日も数人のカメラマンが双眼鏡を手に待機してました。
確かにここは良く見渡せる良いポイントだね。

@伏野10-10 021s-.jpg

ぽっかり雲がのんびり感だねかわいい

@伏野10-10 029s-.jpg

@伏野10-10 031s-.jpg

花立山を過ぎても所々、日本海が見渡せます。
もっと天気が良ければ佐渡まで見えるそう…。

新潟県上越市:   <'10 OCT>
posted by oka at 23:37| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信越トレイルsection5・#1

@伏野10-10 002s-.jpg

信越トレイル、また歩を進めます足
今回はセクション5茶屋池〜伏野峠まで位置情報

@伏野10-10 006s-.jpg

前回のセクション4(7月)はこの茶屋池まで。
このあたりはブナの木が多く池の周りも歩きました。

@伏野10-10 007s-.jpg

天気は下り坂のようだけど、昼までは大丈夫かな?

@伏野10-10 008s-.jpg

ブナ林もちょっと色づいてるようですひらめき

@伏野10-10 010s-.jpg

歩き始めてしばらくすると梨平峠を通過…。

ん〜なんかクラクラするな〜たらーっ(汗)
目まいがしてるのかな〜?

いやっ違う!山が揺れてるあせあせ(飛び散る汗)
地震だった…がく〜(落胆した顔)

新潟県上越市を震源とする震度5弱の地震とあとで知りました…あせあせ(飛び散る汗)

このあとも何回かクラッときたような気がしたので
余震だったのかも。

@伏野10-10 011s-.jpg

ひっそりと牧ノ小池が現れました。

このセクションはアップダウンも少なく、
快適に歩けるようです。

それに気候も快適になってきたせいか、
多くの人とすれ違うようになりましたくつ

@伏野10-10 015s-.jpg

牧峠へ近づくと、やっと新潟側の展望が
ひらけてきました。

長野県飯山市・新潟県上越市   <'10 OCT>
ラベル:信越トレイル
posted by oka at 00:42| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

信越トレイルsection2・補足

@涌井 10-09 085s-.jpg

セクション2、希望湖〜毛無山〜涌井
歩いておきましょう足
涌井側からスタート。

(上)しばらくは単調な農道が続きます。

@涌井 10-09 087s-.jpg

涌井新池

@涌井 10-09 086s-.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

@涌井 10-09 090s-.jpg

しばらくすると毛無山山頂へ。
しかし眺望は無し…。

@涌井 10-09 089s-.jpg

毛無山〜希望湖間も心地良いトレイルが続きます。

@涌井 10-09 092s-.jpg

そーっと息をひそめて…カメラ

@涌井 10-09 093s-.jpg

これで結果的にセクション1〜4まで踏破となりました。
あとはを1日ずつやれば全トレイル踏破となるのですが、
なんとか早いうちにやりたいなぁ。
最初は踏破は全然目標じゃなかったんだけどね〜。

あとこのブログ、「信越トレイル」はカテゴリに独立したんで、
セクションは前後してますが、よかったら過去のも見てくださいね〜。

長野県飯山市:   <'10 SEP>
posted by oka at 17:24| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信越トレイルsection1・補足

@涌井 10-09 001s-.jpg

今回のセクション3の前後に、
以前のセクション1〜2の残した区間を歩きました足
まずは赤池から袴岳の区間。
前回は欲張って、沼の原湿原も含めたので
ここはショートカットしたんですよね。

(上)赤池

@涌井 10-09 002s-.jpg

新潟方面の展望がひらけました目

@涌井 10-09 005s-.jpg

ここもブナ林があります。

@涌井 10-09 009s-.jpg

それほど労せずに袴岳山頂へ。

@涌井 10-09 008s-.jpg

正面に妙高山黒姫山が…
のはずが雲の中…。

@涌井 10-09 011s-.jpg

もうちょっとがんばって
希望湖までも歩いておきましょう。
斑尾山も雲の中…。

@涌井 10-09 012s-.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

長野県飯山市:   <'10 SEP>
posted by oka at 16:53| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信越トレイルsection3・#3

@涌井 10-09 059s-.jpg

午後から完全に晴れてきました晴れ

@涌井 10-09 061s-.jpg

トレイル上も蒸し暑くなってきましたあせあせ(飛び散る汗)

@涌井 10-09 062s-.jpg

このセクション3ももう終盤なのですが、
時間もあるしちょっと迂回して
戸狩トレイルへ行ってみましょう。
風穴も気になるし。

@涌井 10-09 063s-.jpg

午前とはまるで別の日のような風景ですねぇぴかぴか(新しい)

@涌井 10-09 070s-.jpg

千曲川を挟んで対岸の野沢温泉街もよく見えます目

@涌井 10-09 067s-.jpg

ここが風穴。写真には写りませんでしたが、が出てますダッシュ(走り出すさま)

@涌井 10-09 072s-.jpg

もうちょっと行くとコバの清水

そしてこの先を進むと信越トレイルへ戻れるはずなのですが、
草が生い茂っていて道がまったくわからんがく〜(落胆した顔)
見当をつけてかきわけながら、ちょっと進んでみたけれど
足元も不安定だし、無理は禁物、引き返しましたたらーっ(汗)

逆に考えると、信越トレイルはどなたかがちゃんと
整備してくれているから快適に歩けるんですねぇ。
ありがたいことです。

@涌井 10-09 074s-.jpg

そんなこんなでセクション3のゴール、
及び7月に歩いたセクション4のスタート地点、
仏ヶ峰登山口に到着位置情報
おっ、もうススキが…。

@涌井 10-09 075s-.jpg

最後の登りがちとキツかったけれど、
このススキの原を見たらホッとしました。

前回は梅雨明け直後だったけれど、
やはりもう秋なんですねぇ…。

@涌井 10-09 077s-.jpg

今日はコスモスに始まり
ススキで終わりかぁ…かわいい

@涌井 10-09 080s-.jpg

今日は天気の急変だったり雨晴れ歴史を感じたり、
いろいろあって充実した日でした。
心地よい疲れです手(チョキ)

長野県飯山市:   <'10 SEP>
ラベル:信越トレイル
posted by oka at 00:29| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

信越トレイルsection3・#2

@涌井 10-09 043s-.jpg

黒岩山からちょっと下って熊ノ巣池
空が明るくなってきたね。

@涌井 10-09 046s-.jpg

このトレイルではもうお馴染みの
雪の重みで曲がったブナの木。
こんな太い幹も曲げてしまうんだねあせあせ(飛び散る汗)

ここらは心地良いブナ林。

@涌井 10-09 048s-.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

@涌井 10-09 051s-.jpg

桂池

@涌井 10-09 052s-.jpg

中古池

@涌井 10-09 053s-.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)
今回はこうした案内板でいろんなことを学びましたひらめき

@涌井 10-09 057s-.jpg

ガチョーンどんっ(衝撃)(谷啓さんを偲んで)
急に晴れてきた〜晴れ

@涌井 10-09 055s-.jpg

休憩がてら雨具を乾かします。
この青いチェック柄のColumbiaのウェア、
お気に入りなんですね〜。

しかし今度は暑くなりそうあせあせ(飛び散る汗)

長野県飯山市:   <'10 SEP>
ラベル:信越トレイル
posted by oka at 01:32| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信越トレイルsection3・#1

@涌井 10-09 016s-.jpg

猛暑もようやく去り、
また信越トレイルの歩を進めます足
今回は前回とばしてしまった
セクション3涌井からスタート。

しかし、この日は朝から雨雨
珍しくレインウェアを上下着込んで完全雨装備ですあせあせ(飛び散る汗)
こんな雨でも防水のEXILIM-Gは安心だねカメラ
(詳細は先日のEXILIM-Gのネタ参照)

@涌井 10-09 018s-.jpg

雨に濡れたかわいい淡い色のコスモス
秋ですね〜かわいい

@涌井 10-09 015s-.jpg

@涌井 10-09 027s-.jpg

1時間ほどで富倉峠
この峠はかつての越後〜信州の大動脈で、茶屋もあったそう。

上の写真、右下が越後方面。
石積みが残っています。

@涌井 10-09 021s-.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

@涌井 10-09 030s-.jpg

大将陣跡付近。

このセクションは前半はこうした林道歩きが多いので、
晴れてたら暑かったかもなぁ。

@涌井 10-09 028s-.jpg

写真クリックグッド(上向き矢印)

@涌井 10-09 036s-.jpg

ふと振り返ると、いつのまにかだいぶ高度上げてたんですね。

依然として雨は降り続いていますが、
濡れても寒くないのが幸い。
日常では雨は厄介なものだったりしますが、
森の中では雨も自然の一部なんだな〜と素直に思えたし
むしろ心地良かったですねるんるん

@涌井 10-09 033s-.jpg

やがて黒岩山山頂に到着。
ここには東屋があるので、ちと早いけどランチにしよう。

飯山盆地の雲が切れてきました曇り

@涌井 10-09 039s-.jpg

あぁやっぱり美しい風景だなぁ。
前回(7月)は青々していた田はもう黄金色。

@涌井 10-09 040s-.jpg

まだ雨は止みそうにないね…雨

長野県飯山市:   <'10 SEP>
ラベル:信越トレイル
posted by oka at 00:52| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

信越トレイルsection4・#3

CIMG0039s-.jpg

茶屋池へ下りてきました。

いつか上越方面から帰るとき、クルマで通りかかったことが
ありましたが、こんなにキレイな池だったんですねかわいい

CIMG0047s-.jpg

周囲はブナ林。
手軽なコースもあって一周歩くこともできます。

CIMG0049s-.jpg

CIMG0043s-.jpg

幹を曲げてしまう雪の力がく〜(落胆した顔)もスゴイが、
ブナの生命力もスゴイあせあせ(飛び散る汗)

CIMG0058s-.jpg

信越トレイルは基本的に尾根道を進むので、
スタート地点にクルマを停めてしまうと、
帰りの方法を考えなくてはいけないのですが、
今回は宿(戸狩温泉:岸田屋さん)のご主人に
迎えにきてもらう段取りになっています携帯電話

しかし茶屋池周辺、ケータイつながりませんでしたたらーっ(汗)
とりあえずリダイアルしながら下っていけば、
そのうちつながるだろなと林道を歩きだしました。

大体、山でケータイをあてにする方がおかしいし、
こんな文明の利器に依存気味な自分が情けないよなふらふら
そんなこと思いながら歩きました。

CIMG0057s-.jpg

ふと見上げると夏の雲が晴れ

CIMG0061s-.jpg

こんなデッカイ夏の雲ゆっくり見るの久しぶりだな〜晴れ
生まれたての入道雲です曇り曇り

CIMG0062s-.jpg

幸い、途中でなんとかつながり、
途中で拾っていただきました車(RV)

でもこんな雲をゆっくり眺めながら
早くも夏を感じられた優雅な時間でもありましたかわいい



後記:
今回はほとんどブナ林が目的のような信越トレイルでしたが、
岸田屋さんのご主人の話を聞いていると、
80kmの全線踏破できそうな気がしてきましたひらめき
涼しくなったらまた歩を進めようと思います。
先にとばしてしまったセクション2〜3を歩かないとね足

長野県飯山市:   <'10 JUL>
ラベル:茶屋池 ブナ
posted by oka at 23:18| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

信越トレイルsection4・#2

CIMG0019s-.jpg

美しいブナ林が続きます。
気温が上がってきて暑くなってきたものの、
やっぱり心地良いですよね。
今回、コレが一番の目的かもひらめき

CIMG0018s-.jpg

CIMG0022s-.jpg

小沢峠でちょっと休憩。
ベンチのような幹にちょっと失礼して…。

CIMG0024s-.jpg

しばらくすると視界がひらけてきて
鍋倉山が見えてきました。

CIMG0027s-.jpg

結果的にこの周辺が一番展望がよかったですね目

CIMG0031s-.jpg

千曲川は昨日までの雨の影響か
だいぶ濁ってます。

CIMG0032s-.jpg

この関田山脈の尾根は長野・新潟の県境
なるため、反対側は新潟になります。
遥か日本海まで見えましたぴかぴか(新しい)

CIMG0034s-.jpg

鍋倉山・黒倉山のあたりは残念ながら
ガスってしまいました霧

鍋倉山頂でお話した地元の方に、
神奈川からだと言うと
「わざわざこちらへ来る魅力は何?」との問いに
「ブナ林です」と即答してしまいました。

そんな理由が伝わりますかね?

CIMG0035s-.jpg

茶屋池方面へ下りてくると
ブナの巨木たちが…。

しばし見上げてました…。


長野県飯山市:   <'10 JUL>
posted by oka at 23:09| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

信越トレイルsection4・#1

CIMG0001s-.jpg

昨年秋のセクション1(斑尾山〜赤池)から
ひと冬越して再び信越トレイルへ戻ってきましたひらめき
(前回の詳細は'09年10月を見てね)

今回はちょっと間をとばしてセクション4(仏ヶ峰〜茶屋池まで)を
歩きます。ブナ林の多い区間です。

戸狩温泉スキー場とん平ゲレンデからスタート位置情報

CIMG0004s-.jpg

しばらく登るとトレイルの起点です。

CIMG0007s-.jpg

こちらも昨日まで大雨だったそうですが、
この日は朝から快晴晴れついでに梅雨明けとなりました。
いやはや、自分の晴れ男ぶりに我ながら驚きですあせあせ(飛び散る汗)

CIMG0008s-.jpg

おっと、早くもブナ林ぴかぴか(新しい)
秋も良かったけれど夏のも美しいなぁ。

CIMG0015s-.jpg

しばらく登ると飯山盆地が見えてきました。
蛇行する千曲川、里山的な田園、
美しき日本の風景ですねぇ…。

CIMG0016s-.jpg

CIMG0017s-.jpg

もうすっかり夏の空ですねぴかぴか(新しい)
しかし暑くなりそうあせあせ(飛び散る汗)

長野県飯山市:   <'10 JUL>
ラベル:信越トレイル
posted by oka at 23:06| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

信越トレイルsection1・#3

斑尾 09 10-11 040s-.jpg

沼の原湿原まで来ました。

斑尾 09 10-11 044s-.jpg

朝から不安定だった空も
ようやくスッキリ晴れてきましたね晴れ

斑尾 09 10-11 046s-.jpg

ハルニレの巨木。

斑尾 09 10-11 049s-.jpg

小川のせせらぎが疲れた体を
癒してくれます。

後記:
斑尾山からブナ林、池から湿原まで、
盛りだくさんなコースでした。
#1から見てのとおり、晴れたり曇ったり
ウェアの脱ぎ着も忙しかったけれど、
見どころも多く充実の1日でした。
でもこのトレイルのほんの一部。
ブナ林の中をもっともっと歩いてみたいと
思わせてくれました。
雪深い地域ゆえに、もうすぐオフ期に
なってしまうだろうけど、
来夏また新緑の頃訪れたいですね。

新潟県妙高市:   <'09 OCT>
ラベル:信越トレイル
posted by oka at 12:20| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信越トレイルsection1・#2

斑尾 09 10-11 026s-.jpg

斑尾山から万坂峠方面へ下ります。

斑尾 09 10-11 027s-.jpg

快晴であれば、この先に日本海が見えるらしいが…残念。

斑尾 09 10-11 030s-.jpg

雪の重さで曲がってしまったのかしら?

斑尾 09 10-11 033s-.jpg

袴池を経由して赤池到着。
ここは静かだし、ここでランチにしますかレストラン

斑尾 09 10-11 035s-.jpg

ブナの多いエリア。

斑尾 09 10-11 036s-.jpg

ブナ林ってホント気持ちいいんだな〜。
今回の発見ひらめき
ここでランチでも良かったかな?

斑尾 09 10-11 038s-.jpg

心地よいトレイルが続きます。
ラベル:斑尾山 ブナ
posted by oka at 01:18| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信越トレイルsection1・#1

斑尾 09 10-11 001s-.jpg

信越トレイル
「長野と新潟県境を分ける開田山脈の稜線上に
 ロングトレイルが昨年全線開通。
 斑尾山を基点に天水山までおよそ80km。
 NPO法人により管理されている」

普通の山登りとはちょっと違うこのトレイル。
今年のうちに歩いてみたい!
で、今回は斑尾高原のセクションを1日歩きます足

(上)まずは、というよりいきなり斑尾山
   スキー場のゲレンデ内から登りますあせあせ(飛び散る汗)
   歓迎されるように快晴のスタート晴れ

(下)飯山市街、千曲川を見下ろします。

斑尾 09 10-11 003s-.jpg

斑尾 09 10-11 013s-.jpg

あっ、だっ!
ん、でもまてよ、虹が出るってことは…
…やっぱり、間もなく小雨が降り出しました小雨
リフト乗り場の下で、休憩がてら雨宿りです。

斑尾 09 10-11 014s-.jpg

間もなく斑尾山頂<1,382m>位置情報
しかし展望は無し。
で、大明神岳へちょっと下ると…

斑尾 09 10-11 015s-.jpg

やったーわーい(嬉しい顔)
眼下に野尻湖の絶景目

斑尾 09 10-11 018s-.jpg

左に黒姫山、右に妙高山
雲に隠れてるのはご愛嬌としても
このタイミングで晴れてくるあたりはさすがですひらめき

斑尾 09 10-11 019s-.jpg

斑尾 09 10-11 022s-.jpg

このあたりはだいぶ紅葉してますね。

長野県飯山市:   <'09 OCT>
posted by oka at 00:46| Comment(0) | 信越トレイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。